ネコ脚で四足歩行、奇妙で巨大な新種の恐竜を発見

体重12トン、「この動物はすべてを手に入れようとしたのです」と研究者

2018.10.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジュラ紀初期に、現在の南アフリカに当たる場所で食べ物を探し回っていたLedumahadi mafubeの復元図。手前に描かれているのは別の恐竜ヘテロドントサウルス。(Illustration by Viktor Radermacher, University of the Witwatersrand)
[画像のクリックで拡大表示]

 2億年ほど前の今の南アフリカに当たる場所に、体重がおとなのアフリカゾウ2頭分もある恐竜が暮らしていた。この大きな草食動物は、四足歩行をする巨大な恐竜としては、とても奇妙な立ち方をしていた。

 9月27日付けの学術誌「Current Biology」に発表された新種の恐竜は、見た目はブロントサウルスなどを含む典型的な首の長い竜脚類のようだが、厳密には異なる。このLedumahadiは、もっと古い時代の親類だ。古い時期に生きていた恐竜としては、研究者の予想を超えてはるかに大きく、驚きの発見だったことは名前に刻み込まれている。「Ledumahadi mafube」は、南アフリカの公用語の南ソト語で「夜明けの巨大な雷鳴」という意味だ。(参考記事:「ブロントサウルス、本物の恐竜として復活へ」

 本物の竜脚類は、ゾウのように、体重を効率よく支える柱のような4本の脚をもっていた。しかしLedumahadiではまったく異なっていた。前脚の可動性はもっと高かったとみられ、肘と膝を幾分曲げるネコのような立ち方をしていた。

「すべてを手に入れようとしたのです」と、論文の主執筆者であるブラジル、サンパウロ大学の古生物学者ブレア・マクフィー氏は言う。「竜脚類のようにものすごく大きくなって、ふだんは竜脚類のように四足で歩きたい。しかし、動かしやすい前脚は手放したくない、というわけです」

 今回の発見は、竜脚類とその仲間が、四足歩行をする巨大な生きものに進化するまでに、いくつかの段階を経ていたことを示している。また、最近のほかの発見と同じように、竜脚類の進化における重要な出来事が、かつての証拠によって示されていたよりももっと早い時期に、試行錯誤をともないつつ起きていたという説を裏付けるものだ。(参考記事:「最古の巨大恐竜類の化石を発見、進化の定説覆す」

「新発見にワクワクしています。驚くべきこの生きものたちについて、さまざまなことが本当に明らかになるでしょう」と米マカレスター大学の古生物学者クリスティナ・カリー・ロジャース氏はメールで述べている。(参考記事:「陸上で最重量、新種恐竜をパタゴティタンと命名」

20年以上の紆余曲折

 Ledumahadiの名前は雷鳴に由来するものの、その発見は雷のように突然の出来事ではなかった。科学者が化石を見つけて理解するまでに、20年以上もかかっている。

 発端は、1990年頃に始まった、レソト王国から南アフリカに水資源や水力発電による電力を供給する河川開発計画「レソト・ハイランド・ウォーター・プロジェクト」の建設だった。工事により化石が出土する可能性があることを知った建設業者は、掘り出された骨を集めるために、南アフリカのウィットウォーターズランド大学(通称ウィッツ)の古生物学者ジェームズ・キッチング氏を雇った。

次ページ:恐竜はどう歩く?

おすすめ関連書籍

恐竜がいた地球

2億5000万年の旅にGO!

『ナショナル ジオグラフィック別冊』シリーズの第6弾。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加