愛の女神級にゴージャスな新種の魚を発見、大西洋

水深120mの深いサンゴ礁にすむ「アフロディーテハナダイ」

2018.09.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大西洋の水深120メートルのサンゴ礁から顔を出すイトヒキハナダイの1種、アフロディーテハナダイ(Tosanoides aphrodite)。この魚はブラジル、サンペドロ・サンパウロ群島周辺の海でしか見つかっていない。(PHOTOGRAPH BY LUIZ ROCHA, CALIFORNIA ACADEMY OF SCIENCES)
[画像のクリックで拡大表示]

 大西洋の真ん中、水深100メートル以上の深い海に、ギリシャ神話の愛の女神が生き続けていた。サンゴ礁に暮らすまばゆい魚の姿で。

 9月25日付けの学術誌「ZooKeys」で、米カリフォルニア科学アカデミーの研究チームが新種の魚を報告した。サンゴ礁でよく見られるハナダイという魚の仲間で、英名を「アフロディーテハナダイ(Aphrodite anthias)」、学名をTosanoides aphroditeと名付けた。海中深くダイビングで潜っているときに、ピンクと黄色の生物を見つけた研究者たちは完全にくぎ付けになり、大きなカグラザメが真上を泳いでいるのにも気付かなかったという。(参考記事:「ありえない「アマゾン礁」の写真を初公開」

「私がこれまで記載した中で、間違いなく最も華やかな色をした魚です」。同アカデミーの魚類学者、ルイス・ロチャ氏はEメールでこう語っている。(参考記事:「【動画】幽霊のような深海魚を発見、おそらく新種」

 アフロディーテハナダイは、同じグループの魚の中で唯一、大西洋で見つかった種でもある。この魚が含まれるイトヒキハナダイ属は、今回の新種を除いて全て太平洋に生息する。当時の米大統領にちなんでTosanoides Obamaと命名されたハワイの種もその1つだ。

2017年6月25日、ルイス・ロチャ氏とハドソン・ピネイロ氏がアフロディーテハナダイを初めて観察していると、体長2.5メートル余りのカグラザメが真上を泳いでいった。(VIDEO COURTESY MAURITIUS VALENTE BELL / CALIFORNIA ACADEMY OF SCIENCES)

孤島にいた愛の女神

 アフロディーテハナダイは、サンペドロ・サンパウロ群島周辺の海でしか見つかっていない。ブラジルの大陸の海岸線から北東に1000キロ余り、大西洋の真ん中近くで孤立した群島だ。

 2017年の夏、ロチャ氏と同僚のハドソン・ピネイロ氏は深い海のサンゴ礁を調査しようと、はるばるこの群島にやって来た。6月下旬の潜水で、2人は約120メートルの深さまで潜ったところ、サンゴ礁のくぼみや裂け目にピンクと黄色の閃光が走るのを目撃。近づいてよく見ると、体長8センチ弱の印象的な魚が2人を見つめ返しているのが分かった。未知の新種を見つけた予感がして、カラフルな魚の標本を捕まえることに2人はその日の残り時間を費やした。

 合計で、ピネイロ氏とロチャ氏はオスの成魚3匹、メスの成魚2匹、メスの幼魚2匹を採集した。この種はオスとメスで見た目がかなり異なる。オスの方が、輝くようなピンク色をずっと多くまとっている。

次ページ:「発見の瞬間、美しさに心を奪われました」

おすすめ関連書籍

unknown(未知の海)

初版限定ポストカード付き絵画のような水中の絶景を、世界中から集めた写真集

定価:本体3,200円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加