【動画】「深海のペリカン」フクロウナギの貴重映像

謎だらけの深海生物が泳ぐ姿をとらえた動画。口を大きく膨らます様子が印象的だ

2018.09.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 深海探査船ノーチラス号に搭載された探査機のカメラに、不思議な生きものが映し出された。レンズの前で見事な泳ぎを披露したのが若いフクロウナギだ。(参考記事:「目玉がかわいすぎる生き物、深海で見つかる」

 フクロウナギが泳ぐ姿はめったに見られない。動画に記録されている海洋学者たちの反応からも、そのことがわかるだろう。黒い風船のように口を膨らませたときは、驚きの声があがった。(参考記事:「【動画】ビニール袋みたいな深海クラゲの鮮明映像」

 さっそく「パパハナウモクアケア海洋国立モニュメントで、大口を開けたフクロウナギ(Eurypharynx pelecanoides)を見つけました!」という報告がノーチラス号のWebサイトに掲載された。

 大きな獲物でも飲みこめそうな口を持つフクロウナギだが、普段食べているのは小型甲殻類のようだ。歯がとても小さいため、口を大きく開けられるのは、食べものが少なくなった場合に大型の魚を食べるためではないかと考えられている。

 フクロウナギは、ペリカンウナギとも呼ばれる。動画のフクロウナギは、一度口を膨らませた後、口をたたんで泳ぎ去っていった。深海で暮らすフクロウナギの生態は、ほとんど知られていない。なぜ口を膨らませたり、しぼませたりするかも分かっていないが、メキシコ湾のフクロウナギの観察から、脅威を感じたときに、このような行動をとるのではないかと考える研究者もいる。

 動画のフクロウナギは小さいので、まだ若いのではないかと考えられる。成魚になると、体長は1メートルほどになる。(参考記事:「【動画】深海魚のヌタウナギ、驚異の7つの異能力」

 ノーチラス号からライブ動画を配信する「Nautilus Live」を考案したのは、ナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーで、沈没したタイタニック号の発見者でもあるロバート・バラード氏だ。探査の様子は、Twitterにもアップされている。(参考記事:「本誌2013年11月号 海のフロンティア」

 現在、ノーチラス号は、米国の国立モニュメントに指定された区域の海底にある10の山の探査を行っている。ハワイ州からそう遠くはないが、まだ詳しく調査されたことがない場所だ。サンゴや海綿動物、そしてフクロウナギなど、調査地域で見つかる生物を調べる予定になっている。

ギャラリー:奇妙で美しい暗闇の生き物たち(画像クリックでギャラリーへ)
みんな大好き「ダンボタコ」。この名前はもちろん、ディズニーアニメのゾウに似ていることから付けられた。深海に生息するメンダコ科の頭足類で、触手の間に水かきがある。愛らしい「耳」の正体はヒレだ。(PHOTOGRAPH BY DANTE FENOLIO)

文=LORI CUTHBERT/訳=鈴木和博

おすすめ関連書籍

Jewels in the night sea 神秘のプランクトン

夜の海にあらわれた、美しい浮遊生物。

定価:本体2,700円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加