【動画】他の魚に口の中で子育てをさせるナマズ

托卵するカッコウナマズと、されるシクリッドの攻防が明らかに、最新研究

2018.09.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】シクリッドの母親は、子どもたちを口の中に入れて守る。しかしカッコウナマズは、この護身術を逆手に取って托卵する方法を進化させた。カッコウナマズの登場は1:10前後から。(解説は英語です)

 カッコウナマズ(Synodontis multipunctatus)という魚がいる。彼らは自分たちの子どもをほかの魚に押し付けて、口の中で育てさせる。自分の卵をほかの鳥の巣に産み落とす「托卵」という習性を持つカッコウの名前にちなみ、この名前がつけられた。

 それにしても彼らは一体、どうやってこの作戦を実行しているのだろうか。学術誌「Environmental Biology of Fishes」に掲載された新たな研究によると、カッコウナマズに利用される「保育士」は、視力が弱く、気質がおだやかなど、彼らの戦術に引っかかりやすい傾向をもつことが明らかになった。(参考記事:「「鏡の中の自分」がわかる魚を初確認、大阪市大」

 米エール大学生態学・進化生物学の博士課程学生であるアナ・ビントン氏らがまとめたこの論文ではまた、カッコウナマズの作戦に利用される魚が、これに対抗する手段を進化させていることもわかった。ただし、そうした対抗策は裏目に出ることもあるという。

わずか数秒間の出来事

 カッコウナマズは、中東アフリカのタンガニーカ湖に生息している。カッコウナマズと、彼らが子どもを押し付ける相手であるシクリッド(Ctenochromis horei)の産卵や子育てはまさに対立している。(参考記事:「小さなオスのスニーカー戦略とは」

 カッコウナマズの作戦は、シクリッドの産卵の準備が整ったときに開始される。シクリッドのメスはふつう一度に2、3個の卵を産み、すぐにくるりと回って元の位置に戻ると、産んだ卵を口の中に入れて守る。(参考記事:「卵に語りかけるクマノミ、心打つ生き物たちの営み」

 このとき、オスがメスに向かって、卵のような模様のついた尻びれを振りながら、自分を追いかけるよう仕向ける。メスがオスの後を追ううちに、メスの口に精子が入り込み、卵が受精する。オスとメスがこうした行動を何時間も続けるうち、10~100個、ときにはそれ以上の数の受精卵がメスの口の中に確保される。

 カッコウナマズのつがいは、シクリッドがこうした行動に勤しんでいるときを狙ってやってくる。シクリッドが産卵する瞬間、メスのカッコウナマズがすばやく接近して自分の卵を産む。産卵したカッコウナマズが、シクリッドが産んだ卵を口に入れて持ち去ってしまうこともある。一方、カッコウナマズのオスも猛スピードで泳いできて、あっという間に自分たちの卵を受精させる。すべてはシクリッドが卵を産み落としてからくるりと回って元の位置に戻り、それらを口内に入れるまでのわずか数秒の間に行われる。

 同じくカッコウナマズの托卵に関する研究を5月に発表したマーティン・リチャード氏は、シクリッドの母親は、カッコウナマズが近くにいるとパニックを起こすことがあると述べている。母親は、卵がナマズに食べられてはならないと大急ぎでこれをかき集め、結果的にナマズの卵も一緒に口に入れてしまうという。

次ページ:シクリッドの卵はナマズの稚魚の餌に

おすすめ関連書籍

復刻版 動物の親子

肩を寄せ合い、たくましく生きる動物の親子に癒やされる1冊。

定価:本体2,900円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加