鼻を失った赤ちゃんゾウ 生き延びられる?

食べる、水を飲む、仲間と触れ合いに使うゾウの鼻。鼻を失ったゾウの運命は?

2018.09.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】鼻を失ったゾウの赤ちゃん(解説は英語です)

 長い鼻が特徴のゾウ。ゾウは鼻がなくても生きていけるのだろうか? 気の毒なことに、南アフリカのクルーガー国立公園で見つかった子ゾウが直面している問題だ。

 ゾウの鼻は、呼吸だけでなく、水浴びをする、水を口に運ぶ、食べ物をつかむなどさまざまに使われる。おとなのゾウは、300キロを超える重さを鼻で持ち上げることができる。これは約4万もある筋組織のおかげだ(ちなみに、人間の筋組織の数は全身で600強)。(参考記事:「ガンを防ぐ「ゾンビ」遺伝子、ゾウで発見 」

 動画に映る子ゾウは、短い付け根を残して鼻が無くなっている。捕食者に襲われたのか、仕掛けられた罠のせいか、鼻が切断された原因は不明だ。いずれにしても、ゾウにとっては死活問題なのは間違いない。(参考記事:「【動画】子ゾウが池の前で躊躇、仕草が話題」

 ゾウの社会では、社会的接触にも鼻がよく使われると話すのは、米コロラド州立大学のゾウの専門家、ジョージ・ウィッテマイヤー氏だ。

 同氏は総合的に考えると、子ゾウがおとなになるまで生きられる可能性は極めて低いと話す。

 しかし、異論もある。ゾウの調査保護団体エレファントボイスの共同創立者で、ナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーでもあるジョイス・プール氏は希望を捨てていない。

「傷は治っているようですね」とプール氏は言う。「時間が経っていて、現在は良い状態だということです。子ゾウはやせていませんから、栄養を摂れていることは間違いないでしょう」

人が仕掛けた罠がゾウの鼻を奪う

 残念ながら、このようなひどい目に遭うのは、この子ゾウに限ったことではない。

「残念なことに、罠による猟が行われている場所では、こうした不幸は珍しくありません」とプール氏。「モザンビークのゴロンゴーザ国立公園には、鼻の先がないゾウが相当数います。鼻が半分しかないゾウもいます」。ただ、この子ゾウのように付け根しか残らなかった例は、プール氏も見たことがない。

 罠は肉や皮を得るためのもので、もっと小さな動物を狙って仕掛けられたものだ。しかし、現実にはゾウやその他の大型動物がかかってしまうことも多く、アフリカ全域で野生生物を脅かす問題になっている。

次ページ:仲間が救ってくれる?

おすすめ関連書籍

ザ・ワイルドライフ・フォト

Wildlife Photographer of the Year10人の巨匠 傑作選

ワイルドライフ写真の最高傑作選。芸術的に美しい保存版写真集。

定価:本体3,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加