【動画】ウミガメ300匹超が大量死、メキシコ沖

絶滅の危機に瀕するヒメウミガメ、漁網に絡まって犠牲に

2018.09.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】大量死したヒメウミガメ。海に流失した漁具「ゴーストネット」に絡まって死んだ可能性がある。(解説は英語です)

 それは誰もが見たくない光景だった。

 8月28日、メキシコ連邦環境保護局は、300匹を超えるヒメウミガメが漁網に絡まり死亡したと見られると発表した。メキシコ南部オアハカ州沿岸で、大量のカメが浮かんでいるのが発見されたのだ。その甲らは1週間以上も太陽にさらされ、乾燥してひび割れていた。(参考記事:「漁網に捕まる海鳥、緑色LEDで85%減、研究」

 今回の発見場所から160キロ東にある同国チアパス州でも、2週間ほど前に113匹のウミガメが海岸に打ち上げられているのが見つかったばかりだ。そのほとんどが、やはりヒメウミガメだった。この時のカメの死因は不明だが、釣り針や漁網による傷と一致する傷跡があった。(参考記事:「海の犠牲者たち:ウミガメ」

 詳細はわからないものの、オアハカ州で見つかったウミガメは、いわゆる「ゴーストネット」の犠牲になった可能性があると、非営利団体「コンサベーション・サイエンス・パートナーズ」の上級科学者で、20年近くウミガメを研究してきた海洋生物学者ブライアン・ウォレス氏は言う。漁業において、対象とする種以外の生物を捕らえてしまうことは「混獲」と呼ばれ、世界中で大きな問題となっている。(参考記事:「ウミガメの危機:混獲による溺死」

 ゴーストネットとは「海に流失した漁具で、なんらかの理由で回収されなかったもののことです」とウォレス氏。ゴーストネットが海を漂っていると、魚などの野生動物が次々と絡まってしまう。そして網に絡まった動物が死ぬと、より多くの捕食者や死体を食べる動物が引き寄せられ、さらに網に捕らえられる。今回のウミガメは、おそらく、楽に手に入るえさを探して近づきすぎたのだろう。(参考記事:「ウミガメの危機:見えない漁網」

「これほど多くのウミガメが網に捕らえられ、その多くはかなり腐敗が進んでいた点からすると、おそらく、ゴーストネットは長期間漂い、動物を捕らえていたと考えられます」とウォレス氏は話す。

 ヒメウミガメは、世界的に生息数が減少し続けており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは「危急種(vulnerable)」に分類されている。米国やメキシコでもそれぞれ国内で絶滅危機種に指定されている。(参考記事:「【動画】謎多きアオウミガメを守れ、科学者の闘い」

問題解決への長い道のり

 一方で良いニュースもある。1986年からメキシコ政府や州政府が規制を強化してきたおかげで、ヒメウミガメの状況はほかのウミガメに比べて良好だ。「ヒメウミガメは間違いなく、この地域で最も個体数が多い種です」とウォレス氏は話す。

 実際、メキシコ南西部の海岸には、世界屈指のヒメウミガメの繁殖地がいくつかあり、同氏が言うには毎年、無数のメスが産卵しにやってくる。オアハカ州で死んだカメは、まさにこれらの砂浜に向かう途中だった可能性がある。

「数値的には、今回の出来事で個体数が激減するわけではありません」とウォレス氏は話す。「しかし言うまでもなく、警鐘を鳴らしているのです」

【参考ギャラリー】世界のウミガメ 写真14点(写真クリックでギャラリーページへ)
パプアニューギニアのキンベ湾で、ツバメウオやバラクーダの群れの間を悠然と泳ぐタイマイ。(Photograph by David Doubilet, National Geographic Creative)

 メキシコ当局は、この2つの事件が起きた状況を調べているが、カメが死んだのは漁師のせいだと性急に非難すべきではない、とウォレス氏は強調した。

「これは極めて複雑な問題です。特にメキシコには多くの団体があり、すでに最善を尽くし、かなりの難題を抱えています」と同氏。「これは新しい問題ではありません。解決には、まだ時間がかかります」

文=JASON BITTEL/訳=牧野建志

おすすめ関連書籍

2018年6月号

海に流れ出るプラスチック/プラスチック4つの視点/タンチョウ/消えた入植者たちの影/サッカーボールを追って/極北の野生に迫る危機

地球か、それともプラスチックか? ナショジオはプラスチック問題に取り組むことを宣言します。鳥シリーズ「タンチョウ」ほか魅力的な特集を満載。特製ポスター付き!ワールドカップ目前「スタジアムの過去・現在・未来」

価格:本体1,170円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加