【動画】スッキリ!なナマコのうんちが偉いわけ

排泄、呼吸、食事、戦闘をするうえ住居にもなる驚異のお尻

2018.08.31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】このアデヤカバイカナマコ(Thelenota anax)が何をしているかといえば、皆さんのご想像どおりのことだ。ナマコのうんちは、生態系にとって驚くほど重要なものになっている。(字幕は英語です)

 この動画には、アデヤカバイカナマコ(Thelenota anax)がうんちをするシーンの一部始終が収められている。解像度は高く、一度見てしまったら目に焼きついて離れないだろう。(参考記事:奇跡の一瞬「ナマコの産卵」

 だが、決して見逃してはいけない。その理由を説明しよう。

 ナマコはとても単純な生物に見えるかもしれない。本質的には、内臓をもって這い回る肉のかたまりだ。米スミソニアン国立自然史博物館の無脊椎動物学者であるクリストファー・マー氏はそう話す。

 ナマコはヒトデやウニに近く、棘皮動物というグループに分類される。ほとんどは海底で生活するが、食事、消化、排便という活動を通じて、環境に大きく複雑な影響を与えている。たとえば、サンゴ礁や海草を健康に保ったり、気候変動を和らげたりもしているという。(参考記事:「【動画】「生きた化石」ウミシダの泳ぐ姿が芸術的」

 また、ナマコが消化と排便を行うとき、体内では見た目以上のことが起きている。さまざまな動物のなかでも、彼らのお尻は屈指の忙しさを誇っているのだ。

「ナマコの中には、お尻に呼吸の機能をもつものがいます」とマー氏。「肛門のまわりから酸素を取り込めるのです」

 ナマコがこの裏口を開けるとき、海水を取り込める。海水は「呼吸樹」と呼ばれる一連の小部屋に通されて、酸素が取り出される。

 それだけではない。巨大なカリフォルニアナマコ(Parastichopus californicus)を研究している米イリノイ・ウェズリアン大学の海洋生物学者、ウィリアム・ジークル氏は「私たちの研究では、呼吸樹に並んでいる細胞が、海水に含まれる有機物を吸収できると示唆されました」と話す。(参考記事:「【動画】海底で長すぎる奇妙な生物に出会った」

 ナマコは、脅威が迫るとキュビエ器官と呼ばれる呼吸樹の一部を放出する。これは、ネバネバした糸状の物質で、カニや魚などの小型の捕食動物の動きを妨害できる。

 つまり、ナマコはお尻で呼吸も食事も戦闘もできるのだ。

肛門を出たり入ったりする魚

 この動画を撮影したのは、日本でダイビングツアーを提供しているサザンアイランダーという団体だ。ここには映っていないが、驚くほど多くの生きものたちにとって、ナマコの中は狭いながらも快適な住居になる。

「カクレウオという魚が、実際に肛門を出たり入ったりします」と、マー氏は言う。「直腸の中にすんでいるんです」

次ページ:すごいうんち、大切なうんち

おすすめ関連書籍

Jewels in the night sea 神秘のプランクトン

夜の海にあらわれた、美しい浮遊生物。

定価:本体2,700円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加