絶滅クマのDNA、ヒグマで発見、異種交配していた

ホラアナグマ(Ursus spelaeus)の頭骨を手にする研究者。ホラアナグマは現生のヒグマより体が大きく、より多く植物を食べた。(PHOTOGRAPH BY ANDREI POSMOȘANU)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー