絶滅クマのDNA、ヒグマで発見、異種交配していた

ヒグマの亜種で、グリズリーと呼ばれるハイイログマ。食べ物や危険の兆候はないかと、風の匂いをかいでいる。グリズリーのDNAの一部も、数万年前に絶滅したホラアナグマに由来する可能性がある。(Photograph by PAUL NICKLEN、 National Geographic Creative)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー