絶滅クマのDNA、ヒグマで発見、異種交配していた

「ホラアナグマは現生生物のゲノムの中に生き続けている」と研究者

2018.08.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヒグマの亜種で、グリズリーと呼ばれるハイイログマ。食べ物や危険の兆候はないかと、風の匂いをかいでいる。グリズリーのDNAの一部も、数万年前に絶滅したホラアナグマに由来する可能性がある。(Photograph by PAUL NICKLEN、 National Geographic Creative)
[画像のクリックで拡大表示]

 10万年以上にわたって欧州とアジアを歩きまわっていたホラアナグマ(Ursus spelaeus)は、約2万5000年前に絶滅した。おそらくは狩り、気候変動、人類との生息地の奪い合いなどによって、長い時間をかけて徐々に消えていったものと思われる。

 それ以降、この最後の冬眠から目覚めたホラアナグマは1頭もいない。だが、彼らのDNAは今も生きている。新たな研究によって、ヒグマ(Ursus arctos)のゲノムの約0.9~2.4パーセントが、ホラアナグマに由来するものであることがわかったのだ。

 この発見は8月27日付けの学術誌「Nature Ecology and Evolution」に発表された。絶滅した氷河期の生物の遺伝子が現代の近縁種から見つかったものとしては2例目となる。その1例目は人類だ。アフリカ以外に暮らす人のゲノムの1.5~4パーセントが、古代のネアンデルタール人に由来することがわかっている。ホモ・サピエンスとネアンデルタール人が異種交配をしていたためだ。(参考記事:「ネアンデルタール人、現生人類と交配」

「ホラアナグマが絶滅したというのは、どのような観点から見ても事実ですが、彼らの遺伝子が消え去ったわけではありません。ホラアナグマは現生生物のゲノムの中に生き続けているからです」と、論文の主執筆者のひとりで、ドイツ、ポツダム大学の博士研究員アクセル・バーロウ氏は言う。

 また同論文では、動物たちの中には、異種交配を繰り返している種がいると指摘されている。例えばヤクとチベットのウシのDNAには異種交配の痕跡が見られる。同様の現象は、数百万年前に別種となったブタの仲間同士でも見られるという。数は少ないが、ヒグマとホッキョクグマが交配をしたケースもある。さらには先日、ネアンデルタール人とデニソワ人の間に生まれた娘の骨が発見されたとの発表があった。これは古代人類の間で、異種交配が広く行われていたことを示唆する一例だ。(参考記事:「少女の両親は、ネアンデルタール人とデニソワ人」

「種の生殖がその種の中だけで行われていて、ほかの種とはまったく関係ないというのは古い概念です」と語るのは、米カリフォルニア大学バークレー校の遺伝学者、ラスマス・ニールセン氏だ。「この論文は、そうした世界観は誤りであると主張してきたいくつもの研究のひとつです」(参考記事:「ダーウィンフィンチのゲノム解読が広げる種の概念」

次ページ:種の絶滅とはどういうことなのか

おすすめ関連書籍

科学の迷信

世界をまどわせた思い込みの真相

なぜ、あっさり信じてしまうのか?

定価:本体1,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加