顕微鏡で見る植物細胞、驚きと美しさに満ちた世界

コケやスズラン、アスパラガス。身近な植物の内部に広がる驚異の世界

2018.08.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【ギャラリー】顕微鏡で見た植物細胞 写真24点(写真クリックでギャラリーページへ)
繁殖のため、コケは精子と卵を出合わせ、先端にさくと呼ばれる胞子のうのついた茎へと成長する細胞を作る(写真はさくの断面)。さくの中で胞子が成熟すると、さくは破れ、胞子が散らばっていく。(PHOTOGRAPH BY MAREK MIS, SCIENCE SOURCE)

 日々の生活の中では、植物など当たり前の存在だと、つい考えてしまう。しかし、顕微鏡でのぞき込めば、葉を茂らせた隣人たちが驚くほど複雑なことがわかる。

 子孫にチャンスを与えようと、何も知らない動物をタクシー代わりにして花粉や種子を運ばせるものがいる。植物は立ち上がったり動いたりして草食動物を避けることができないため、信じがたいような毒素や刺激物を武器に、待ち構えて戦う。人間はそれを「風味」と勘違いしている。また、攻めと守りの関係を逆転させた植物もいる。酸のプールや感覚毛のついた「わな」を使って生き物を捕食してしまうのだ。(参考記事:「花粉が運ぶ愛」)(参考記事:「食虫植物が近くの植物から虫を盗むと判明、九大」

 何よりも感動させられるのは、植物が日光を“食べる”方法を見いだしているということだ。数十億年にわたり、植物は太陽の力を利用して二酸化炭素と水を糖と酸素に変え、成長し繁殖してきた。光合成というこのプロセスを通じて、植物はおよそ1000億トンの炭素化合物を地球のシステムに戻し、陸地にもたらされる降水の実に40%を生み出している。(参考記事:「光合成ウミウシが激減、危機的状況、研究に支障も」

 だから、次にサラダを口に運ぶときには思い出してほしい。「緑色でいるのも楽じゃない」ことを。

【参考動画】緑にのみ込まれた廃虚の村 / 中国・杭州湾に浮かぶ数百の島の1つ、嵊山島にある後頭湾村。かつての漁村は今やほとんど廃屋となり、深く生い茂った緑の中に埋もれている。 (解説は英語です)

【この記事の写真をもっと見る】ギャラリー:顕微鏡で見た植物細胞 あと23点

文=MICHAEL GRESHKO/訳=高野夏美

おすすめ関連書籍

Jewels in the night sea 神秘のプランクトン

夜の海にあらわれた、美しい浮遊生物。

定価:本体2,700円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加