今日、獲物を捕食するサメの主要なグループは、メジロザメ目とネズミザメ目の2つだ。オオメジロザメイタチザメシュモクザメを含むメジロザメ目は最も数が多く、250を超す種がいる。一方、ホホジロザメ、アオザメ、シロワニなどのネズミザメ目は、現在15種ほどしかいない。(参考記事:「大洋の稲妻 アオザメ」

 しかし、白亜紀の勢力図はこれとは逆だった。ネズミザメ目、なかでもホホジロザメに似た種を擁するアナコラックス科というグループは、メジロザメ目よりはるかに数が多かった。スクアリコラックスという種はとりわけ頑丈で恐ろしく、大きいもので体長5メートル近くに達し、大型の海生爬虫類を主な餌にしていた可能性がある。(参考記事:「ホホジロザメの謎を解明、「暖水渦」に長期滞在」

 比較的小型の首長竜や、海のトカゲの仲間であるプリオプラテカルプス、プログナトドンなどモササウルス科の仲間は、スクアリコラックスのようなサメにとってはくみしやすい相手だっただろう。しかし、白亜紀末期に最も一般的な海生爬虫類だったモササウルスは体長17メートルにもなり、それだけの大きさなら、スクアリコラックスに脅かされることはなかっただろう。実際、この頂点捕食者の方がサメを食べていた可能性がある。(参考記事:「モササウルス、泳ぎは速かった?」

海洋爬虫類を食べていた有史以前のサメは6600万年前に絶滅した。食料源にしていた生物が死に絶えたためだ。奥に描かれている、体長17メートル余りのモササウルスもその1つ。(ILLUSTRATION BY JULIUS CSOTONYI)
海洋爬虫類を食べていた有史以前のサメは6600万年前に絶滅した。食料源にしていた生物が死に絶えたためだ。奥に描かれている、体長17メートル余りのモササウルスもその1つ。(ILLUSTRATION BY JULIUS CSOTONYI)
[画像をタップでギャラリー表示]

 カンピオーネ氏は、スクアリコラックスはモササウルス科の死骸を食べたり、体格が自分と同じくらいか、自分よりも小さな幼体を狩ったりしていたのではないかと話す。このほか、アンモナイトも食べていたかもしれない。(参考記事:「動物大図鑑 アンモナイト」

 ところが、これらアナコラックス科が食べていた大型の獲物が小惑星衝突で急に姿を消すと、それを餌にしていたサメも滅ぶことになった。当時生きていたサメのうち、実に30%前後の種が死に絶えたと考えられている。彼らに取って替わったサメの多くは小さくて動きの速い魚を食べる種であり、それが現在の海で大部分を占めるサメの祖先となったという。

「白亜紀末期の絶滅で、海生爬虫類やアンモナイトが大量に失われました。スクアリコラックスなど、アナコラックス科のサメにとって重要な食料源だったはずの生物です」とカンピオーネ氏。「しかし絶滅後の世界では、硬骨魚類が増加しました。すると、餌を大型の海洋生物に頼っていたアナコラックス科のサメは変化に対応できず、対して、体の小さなドチザメ科など、魚を主に食べるサメはうまくやれたのです」(参考記事:「【研究室】海のハンター・サメ 佐藤圭一」

 一部のサメは入れ替わったものの、白亜紀末期の絶滅前とそこからの回復後で、歯の形の全体的な多様性があまり変わっていないのは興味深いと米シカゴ大学で魚類の進化を専門に研究するマイケル・コーツ氏はコメントする。「大ざっぱに例えるなら、同じショーが続くが、キャストは入れ替わるということです。絶滅後に取って替わったグループは、絶滅事件で犠牲になった種がかつて占めていたのとほぼ同じ生態系の地位に移ったとみられます」

「白亜紀末期の大量絶滅で脊椎動物の主要なグループがどのような状況に陥り、どう回復したかについて全体像が描かれ始めていますが、そこに詳細を加える優れた研究です」とコーツ氏は続けた。「サメの体の化石は極めてまれなので、この研究は必然的に抜け落ちた歯の記録に限定されています。しかし、どんな種が存在し、生き延びたのかについて、歯は有用な標識となります」(参考記事:「巨大古代サメの新種を発見、日本人研究者ら」

 歯の研究を通じて、研究者たちは「絶滅したサメの生活について手がかりを得ることができました」とカンピオーネ氏は話す。現生のサメの種の少なくとも50%が、絶滅が危惧されるか数を減らしていることから、過去にどのような原因でサメが絶滅したのかを解明すれば、今のサメが同じ運命に見舞われるのを防ぐヒントを見いだせるかもしれないと、カンピオーネ氏は考えている。(参考記事:「【動画】拿捕の中国船にサメ数千匹、ガラパゴス」

【関連ギャラリー】襲撃するサメ集団、産卵するハタ、驚異の光景に密着3000時間 写真7点
【関連ギャラリー】襲撃するサメ集団、産卵するハタ、驚異の光景に密着3000時間 写真7点
サメに捕らえられたハタ。サメの方がハタよりもずっと勝率は高いだろうと思われるが、実はかなりの獲物を取り逃がしていることに、バレスタ氏は気づいた。「この矛盾に、心が揺さぶられました。サメは、単なる殺し屋というわけではないのです」(PHOTOGRAPH BY LAURENT BALLESTA)

おすすめ関連書籍

恐竜がいた地球

2億5000万年の旅にGO!

今からおよそ2億5000万年前から6500万年前、「進化の爆発」ともいえる時代の地球。恐竜はもちろん、海の生物や虫たちまで、この時代の生き物たちを迫力のビジュアルで紹介します。

定価:1,540円(税込)

文=JOHN PICKRELL/訳=高野夏美