【動画】76羽のひな育てるカモ、なぜこんなことに

話題のスーパー母さんカモの真相を専門家に聞いてみた

2018.07.31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】76羽のひなを育てるカワアイサの「母さんカモ」。なぜこんなことに?(字幕は英語です)

 76羽もの子ガモを引きつれた母さんカモの写真が話題を呼んでいる。写真をInstagramに投稿したのは、野生動物の写真愛好家ブレント・チツェクさんだ。今回ご紹介する新しい動画を見れば、よちよち歩きの赤ちゃんの大群を見事に率いてみせる母さんカモの奮闘ぶりがおわかりいただけるだろう。

 米ミネソタ州ベミジ湖で観察されたカモの行列を見ていると、さまざまな疑問が湧いてくる。なぜこんなに多くの子ガモがいるのだろう? どうすればこんなに大勢の面倒を見られる? 子ガモたちは成長したあとはどうなるの?(参考記事:「【動画】卵から出るフラミンゴ、奮闘の24時間」

 米ミネソタ州天然資源省の水鳥の専門家スティーブ・コーツ氏の説明によれば、このカモはカワアイサで、子ガモたちは母さんカモのあとを追って餌をもらい、捕食者から守ってもらっているという。だが、全ての子ガモがこのメスの子ではない。湖ではほかにも子ガもがたくさん生まれている。このメスはほかの子ガモを集めて保育グループをつくり、まとめて面倒を見ているのだ。こうしたグループは「クレイシ」(共同保育所)と呼ばれ、他の鳥にもみられる。(参考記事:「クレイシをつくるコウテイペンギン」

「ママ・オブ・ザ・イヤー」

 今回、クレイシがここまで大きくなったのには多くの要因が絡んでいると、コーツ氏の同僚で野生生物管理者のデイブ・レイブ氏はいう。今年は湖の氷が解けるのが遅く、例年と比べ卵を産む時期も遅かったことに加え、穏やかな天候のおかげで卵の孵化率が高くなった。

「今回のクレイシで興味を引いたのは、子ガモたちの月齢がみな低く、だいたい同じ頃に生まれていることです」と、レイブ氏は語る。「月齢が異なる子ガモのクレイシなら、いくつか見たことがあります」。湖の解氷が今年より早い年は、月齢にばらつきが出ることが多いという。

 クレイシの平均的規模が約40羽であることを考えると、76羽は見事なものだが、コーツ氏は4年ほど前に今回と同じベミジ湖でこれより大きなクレイシを目撃している。「100羽を超えていました。あそこまで数が多いと、数えるのも面倒ですよ」

次ページ:「母さん」ではなく「ひいおばあさん」?

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 鳥の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

色も姿も多様な鳥たちの写真約350枚、280種以上を収録。世界各地の珍しい鳥、美しい鳥、変わった鳥など、まだまだ知られていない鳥を紹介します。 ※当サイトから日経BP SHOPにお申し込みいただいた場合に限りバッジが付きます。なお、バッジは無くなり次第終了となります。

定価:本体2,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加