【動画】エビで海中歯磨き 専門家は懸念

魚の体や口の中を掃除するクリーナーシュリンプ。人間にもサービスするが……

2018.07.31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 魚についた寄生虫を食べるエビ、クリーナーシュリンプは見る人みんなを笑顔にする。この動画を見ると、エビは人々の歯を白くして笑顔をさらに輝かせる手伝いもしているようだ。

【動画】クリーナーシュリンプは海の歯医者さん。(解説は英語です)

 働き者のこのエビはアカシマシラヒゲエビ。魚と共生関係にあり、魚の健康を守ることの対価に、魚から食料を得ている。ところが人間のダイバーが近づいても、喜んで掃除をするのだ。

 エビはなぜ、そんなことをするのだろうか? そして人間のほうは、掃除してもらっていいのだろうか?

口の中をエビでキレイに?

 オーストラリアのメルボルンに住むビクトリア・クロンセル氏は、バヌアツのハイダウェイ島での休暇中、沈没船にクマノミが集まるスポットで、ダイビングショップの従業員がアカシマシラヒゲエビに歯の手入れをしてもらう様子を動画に撮影した。

 クロンセル氏自身は試さなかったが、「一緒にいた観光客は面白がっていました」と言う。

 ダイバーには「こうしたことをする人が多い」と話すのは、アメリカ自然史博物館(ニューヨーク市)のベンジャミン・タイタス氏だ。タイタス氏はダイバーがエビに及ぼす影響を研究している。

 氏によると、エビは視力が非常に弱く、そのため「顧客が人間でも嫌がらないのかもしれない」という。

 エビから見れば「仕事場」にゆっくり近づいてくるダイバーは、単に大きな魚に見えるのではないかと、米デューク大学の博士研究員、エレナー・ケイブズ氏は考える。

 ケイブズ氏の最近の研究では、クリーナーシュリンプが研究所の水槽に立てかけたiPadの中の暗い図形まで掃除しようとすることがわかっている。エビが暗い図形に反応するのは、魚が体色を暗くすることで「エビを餌にする気はなく掃除をして欲しい」という合図を送るためだ。(参考記事:「【動画】おねだりしあうエビと魚、微笑ましい光景」

 ダイバーの存在も、エビと魚の共生関係に影響を与える可能性がある。

 このことを示すタイタス氏の研究がある。2015年、タイタス氏のチームは2つの場所で掃除行動を観察した。1つは人がまったく来ない場所、もう1つは人気のダイビングスポットだ。

次ページ:健康上の理由でも、専門家は勧めない

おすすめ関連書籍

Jewels in the night sea 神秘のプランクトン

夜の海にあらわれた、美しい浮遊生物。

定価:本体2,700円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加