人間の影響を受けていない海は13%、研究成果

漁業や海洋汚染などによる影響、海域により大きな差

2018.07.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人間による影響の少ない「原生の海」を特定した(緑色)。(Kendall R. Jones, Wildlife Conservation Society; Center for International Earth Science Information Network, Columbia University)
[画像のクリックで拡大表示]

 漁業や海洋汚染といった人間による影響がほとんどない「原生の海」は、世界の全海洋の13%(およそ5500万平方キロ)であるとする論文が、7月26日付けの学術誌「Current Biology」に発表された。

 原生の海が多いのは、公海や南半球など、人間の典型的な活動地域から離れた場所だ。世界には数多くの海洋保護区が設定されているが、今回、原生の海と判断された海域のうち、海洋保護区に指定されているのはわずか5%にすぎない。(参考記事:「公海での漁業は「無益」、新たな研究を解説する」

 こうした傾向は予想通りだが、原生の海はもっとあると考えていたと、論文の筆頭著者で、野生生物保護協会(WCS)の専門家ケンダル・ジョンズ氏は言う。同氏によると、漁場が拡大し続けていることが大きな原因の一つだ。「漁業は、人間が海に及ぼす影響の中で最も重大なものです」(参考記事:「衛星で漁船を追跡、なんと海面の55%超で漁業が」

三つの海域に集中する「原生の海」
(KENNEDY ELLIOTT, NG STAFF; KENDALL R. JONES, WILDLIFE CONSERVATION SOCIETY)
[画像のクリックで拡大表示]

 原生の海は、北極と南極に集中している。海氷のせいで人間が容易に近づけないからだ。しかし、海氷が解けていくにともなって人間活動や気候変動の影響も受けやすくなる可能性があると、ジョンズ氏のチームは考えている。(参考記事:「北極海の海氷面積、観測史上2番目の小ささに」

 今回の研究では、漁業や海洋汚染、陸地からの栄養塩の流出といった15の要因のほか、海洋酸性化など気候変動にまつわる4つの要因を考慮して、人間の影響が最も小さい海域を決定した。(参考記事:「温暖化で「窒息」する海が世界的に拡大、深海でも」

 原生の海はほかの海域に比べて、生物の種類が多様であるほか、生物の遺伝的な多様性も豊かだ。こうした海は気候変動による影響からの回復が比較的早く、人間の影響がおよぶ前の海の姿もうかがい知ることができるとジョンズ氏。

「悪化した生態系を回復させようとする際に、私たちが目指すべき大切な情報を、原生の海は教えてくれるのです」

ギャラリー:南極の氷の下、水深70mの海で驚異の光景を見た 写真12点(写真クリックでギャラリーページへ)
南極の冷たい海の下には、多様な海生無脊椎動物も生息している。(PHOTOGRAPH BY LAURENT BALLESTA)

文=KENNEDY ELLIOTT/訳=牧野建志

おすすめ関連書籍

2018年6月号

海に流れ出るプラスチック/プラスチック4つの視点/タンチョウ/消えた入植者たちの影/サッカーボールを追って/極北の野生に迫る危機

地球か、それともプラスチックか? ナショジオはプラスチック問題に取り組むことを宣言します。鳥シリーズ「タンチョウ」ほか魅力的な特集を満載。特製ポスター付き!ワールドカップ目前「スタジアムの過去・現在・未来」

価格:本体1,170円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加