毒ヘビの狩りは知能的、ムカデとトカゲで別の戦略

ガラガラヘビで研究、相手に応じてリスクを見定め攻撃する

2018.07.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】ガラガラヘビ、ムカデとトカゲで違う戦略
ガラガラヘビは、狙う獲物に応じて異なる戦略を使い分けていることがわかった。(解説は英語です)

 ガラガラヘビのような毒ヘビにとっても、たくさんの足と毒をもつムカデは手強い相手だ。しかし、ピグミーガラガラヘビは、優れた戦略でムカデを狩る。

「たいていの生きものは、ムカデを避けますね」。こう話すのは、米フロリダ州ステッソン大学の生物学教授で、約25年にわたってピグミーガラガラヘビを研究するテレンス・ファレル氏だ。「ムカデの武器は、頭のそばにある牙のような顎肢です。これに刺されると、とても痛いのです」(参考記事:「世界初、水中を泳ぐオオムカデを発見」

 米国南東部に生息するピグミーガラガラヘビはマムシの仲間だ。カエルやトカゲ、ネズミ、時には鳥や他のヘビなど、何でも食べる。ムカデも例外ではなく、野生のピグミーガラガラヘビの体内からムカデが見つかることは多い。

 では、ヘビはどうやってムカデを狩るのか? ファレル氏の研究チームは、狩りの方法を確認するため、ピグミーガラガラヘビと体長7センチほどのムカデ(Scolopendra viridis)を1匹ずつ同じ箱に入れ、その対決の様子を記録することにした。また、反応を比較するため、ピグミーガラガラヘビと毒をもたないトカゲを同じ箱に入れた実験も行った。(参考記事:「【動画】ヒヨケムシ VS ヤスデの死闘、貴重な映像」

 その結果、ヘビはトカゲとムカデに対して、まったく異なる反応を示すことがわかった。この研究は「Journal of Herpetology」誌で発表されている。

「ヘビは、見つけた獲物を手当たり次第に食べる、頭の良くない生物と見られがちです。しかし、調べれば調べるほど、その狩りの方法は洗練されていることがわかりました」とファレル氏は言う。

【参考動画】ガラガラヘビ、電光石火の早業
ミナミガラガラヘビは、毎秒50回尾を震わせ、秒速3メートルの速さで攻撃する。スローモーションで見なければわからない。(解説は英語です)

次ページ:厄介なムカデを狩る理由、オオムカデの狩り動画も

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:3,960円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加