【動画】卵から出るフラミンゴ、奮闘の24時間

「一瞬たりとも気を抜くことはできません」と飼育員

2018.07.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】コロンバス動物園で生まれた体重約85グラムのベニイロフラミンゴ。卵の殻を破り、外に出るまでの24時間を動画で紹介しよう。(解説は英語です)

 フラミンゴの繁殖と子育ては思いのほか難しい。カリブ海沿岸で広く見られるベニイロフラミンゴが繁殖するにはいくつかの条件をクリアする必要がある。群れが20羽前後に達していることや、オスとメスの比率が偏っていないといった条件だ。

 そのため米国オハイオ州にあるコロンバス動物園では、飼育しているフラミンゴの群れの規模が大きくなるまで数年の間、繁殖に苦労した。現在、群れは35羽に達し、2018年6月、新たに5羽のひなが卵からかえった。

 動画は、6月19日の24時間をタイムラプス撮影したもの。卵からひながかえる様子を間近に見ることができる。生まれたのは5羽の中で最も小さい約85グラムのひなだ。(参考記事:「なぜか生まれたことに気づかない赤ちゃんカメレオン」

 コロンバス動物園の飼育員ケビン・コラー氏は、野生のベニイロフラミンゴが危機に陥ったときに備えて、繁殖可能な規模の群れを維持したいと話している。「大きなコロニーを築く鳥の場合は特に、病気によってコロニーが全滅してしまうこともあります。だからこそ、動物園で健康な群れを育てることが重要なのです」

ギャラリー:世界の美しい鳥たち7(画像クリックでギャラリーページへ)
フラミンゴ Walvis Bay, Namibia(Photograph By Alessandra Meniconzi, National Geographic Your Shot)

 コロンバス動物園では2018年に入ってから25個の卵が産み落とされたが、有精卵はわずか12個で、孵化にこぎ着けたのは5羽のみだった。ただし、ひなたちも安泰というわけではない。たとえ手をかけて育てても、さまざまな理由で、成鳥になる前に死んでしまうことがある。

「健康なひながたくさん生まれてくれたのは喜ばしいことですが、一瞬たりとも気を抜くことはできません」とコラー氏は話す。「小さな変化が起きる可能性は常にあります。何か悪いことが起きていても、鳥たちがその兆候を見せることはほとんどありません。多くの場合、気づいたときにはもう手遅れです」

 5羽のひなはいずれも、卵から出てくるまでに24時間以上かかった。孵化後の数週間は、日の出から日没まで、2時間ごとにエサを与えなければならない。

 野生のベニイロフラミンゴは、両親が交代でチーズのような栄養満点のエサを与える。消化管の一つ、素嚢でつくられる「素嚢乳」だ。ただし、コロンバス動物園では飼育員が、素嚢乳を模した特製のエサを与えている。

 コロンバス動物園のベニイロフラミンゴは屋外の柵の中で暮らしており、タカのような空を飛ぶ捕食者も侵入できる。そのため、飼育員は土手のようになった巣から卵を取り上げ、ひなが独り立ちする時期になるまで、屋内で育てることにしている。巣から卵が消えたら、両親が混乱してしまうため、飼育係は偽物の卵を代わりに置いていく。(参考記事:「クイズ:フラミンゴがピンク色の理由は?」

 生まれたばかりのひなたちの体重は100グラムほど。独り立ちする準備が整い、群れに戻るまでには、2カ月ほどかかる。その後、ひなたちは一般公開される予定だ。

 ひなたちの性別はまだわからない。性別の判定は難しいため、遺伝子解析を行うことになっている。(参考記事:「【動画】世界最大のカブト、幼虫もソーセージ大」

ギャラリー:特集「群舞するフラミンゴ」写真8点(画像クリックでギャラリーページへ)
メキシコ・シサル近郊を飛行機が通過した瞬間、野生のフラミンゴが危険を感じ、一斉に動いた。カリブ海周辺には、フラミンゴの大きな繁殖コロニーが複数ある。(Photograph by Klaus Nigge)

文=ANNIE ROTH/訳=米井香織

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 鳥の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

色も姿も多様な鳥たちの写真約350枚、280種以上を収録。世界各地の珍しい鳥、美しい鳥、変わった鳥など、まだまだ知られていない鳥を紹介します。 ※当サイトから日経BP SHOPにお申し込みいただいた場合に限りバッジが付きます。なお、バッジは無くなり次第終了となります。

定価:本体2,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加