新種のカエル、伝説の女性部族アマゾネスから命名

手にトゲのある「グラディエーター(剣闘士)フロッグ」の仲間、ブラジル

2018.07.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新種のカエルの名前は、アマゾン地域にいたという伝説の女性戦闘部族アマゾネス(イカミアバス)にちなむ。(PHOTOGRAPH BY RENAN OLIVEIRA)
[画像のクリックで拡大表示]

 手にトゲがあり、網状になった半透明のまぶたを持つアマゾン盆地原産のカエルが、ブラジルと米国の研究者チームによって新種と確認され、7月20日付けの学術誌「South American Journal of Herpetology」に記載された。このカエルは、ブラジルに伝わる女性戦士たちにちなみBoana icamiabaと命名された。

「壊れた胸」

 このカエルが含まれるBoana属は、一般に「グラディエーターフロッグ」と呼ばれている。グラディエーター(剣闘士)という名前の通り、彼らの多くは親指の近くに大きなトゲを持ち、メスやなわばりをめぐるオス同士の戦いに使う。(参考記事:「古代ローマ、女剣闘士は実在した?」

 グラディエーターフロッグには93種が存在する。ただし、その中にはまぶたが透明で、大半が戦うためのトゲを持たない「マップフロッグ」と呼ばれるグループもいる。

 今回記載された新種は以前、マップフロッグの仲間ではないかと考えられていた。しかし、論文の主執筆者であるペドロ・ペロソ氏が所属するブラジルのエミリオ・ゴエルディ博物館の標本を詳しく調べたところ、彼らの指にトゲがあることが判明した。

 今回の研究では、遺伝子分析によってBoana属の系統分類が見直され、新種のカエルがマップフロッグの仲間であることも確認された。つまり、Boana icamiabaは手にトゲをもつマップフロッグだったわけだ。

 トゲで武装したこの小さなカエルの正体を突き止めたところで、いよいよ彼らに名前を付けることになった。ペロソ氏が思い浮かべたのは、16世紀の探検家たちによって伝えられた女性だけの戦闘部族アマゾネスの伝説だった。

 アマゾネスは元々「イカミアバス(Icamiabas)」と呼ばれていた。これは大づかみに訳すと「壊れた胸」という意味になる。この呼び名は、ギリシャ神話に登場する女性部族アマゾーンと同じように、弓矢を使いやすくするために彼らが胸を平らに、あるいは切り落としていたことを示唆している。アマゾン川の名称は、この伝説の女性たちに由来すると言われている。

「イカミアバスになぞらえたのはいい判断でした。戦うカエルが、戦わないカエルの中に隠れていたのですから」とペロソ氏は言う。(参考記事:「珍生物! と思ったらカエルのお尻だった」

次ページ:まだほかにも新種がいる

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:本体3,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加