この数年の間にエリシア・クロロティカを収集できたのは、たった1つの研究グループ、米サウスフロリダ大学の名誉教授、シドニー・ピアース氏のチームだけだ。場所は、米マサチューセッツ州マーサズ・ビンヤード島にあるたった1つの塩沼だ。このウミウシを調査してきた研究者たち同様、ウミウシの希少性を考慮して、正確な場所は公表していない。

 過去にエリシア・クロロティカを重点的に研究していた米メーン大学の研究者、カレン・ペレトロー氏も、マーサズ・ビンヤード島とカナダのノバスコシア州の1カ所でしか収集していない。最近になって、かつては見つかったメーン州の場所をいくつも探してみたものの、いずれも無駄に終わっている。

まるで葉っぱのようなこのウミウシは、発見するのが非常に困難になってきている。 (Photograph by Patrick J. Krug)
まるで葉っぱのようなこのウミウシは、発見するのが非常に困難になってきている。 (Photograph by Patrick J. Krug)
[画像をタップでギャラリー表示]

1カ所でしか見つからない

 エリシア・クロロティカを見つけることは「難しいです。とても難しいです」と、ペレトロー氏のかつての指導教員であり同僚でもあったメアリー・ルンフォ・ケネディ氏は述べる。彼女は何十年もの間このウミウシを研究し続けてきたが、何年も前に引退した。「どこを探すのか、何を探すのかがはっきりわかっていないと、見つかりません」と同氏は言う。

 西海岸のウミウシを多く研究してきたUCLAのクルーグ氏は、マサチューセッツ州ウッズホールで探したことがあるが、やはり見つからなかった。

 彼が主に研究しているのは、エリシア・クロロティカに近いアルデリア (Alderia) 属のウミウシだ。彼らはエリシア・クロロティカと同じ藻類を食べ、同じように塩沼に生息する。塩沼とそこにすむ生物は、海面レベルの上昇、温暖化による気候変動、そして開発によって大きな影響を受ける。(参考記事:「致死量の8000倍の毒に耐える魚、進化の秘密を解明」

「人々が考える以上に、こうした生息地はもろくなっている可能性があります」とクルーグ氏は言う。同氏が言うには、塩沼で生物の生息数を調査した報告は1つもないという。

 さらに、エリシア・クロロティカを実験室で育てるのも難しい。成体は1年足らずで命を終える。繁殖させるには丁寧な世話が欠かせない。卵から孵ってしばらくは水中を泳ぎまわり、何種類もの藻類を食べる。だが亜成体になると、バウチェリア・リトレア (Vaucheria litorea) という別の種類の藻を食べるようになる。この藻は、培養が難しく、生育も遅い。(参考記事:「クロレラとクマムシ」

「藻を育てるより早く、ウミウシが藻を食べてしまうのです」と、30年以上彼らを研究してきたピアース氏は言う。「食べ盛りの子どもたちを育てるようなものです」

 ルンフォ氏とペレトロー氏のグループ、そしてピアース氏のグループは、実験室で何世代もウミウシを繁殖させてきた。しかし、野生での収集のほうがまだ簡単だというくらい、育てるのは難しい。さらに、ウミウシは驚くほどの量の粘液を出し、DNAや分子の分析を困難にする。

【関連ギャラリー】癒やされます、ゆっくりな生きものたち 写真30点(写真クリックでギャラリーページへ)
【関連ギャラリー】癒やされます、ゆっくりな生きものたち 写真30点(写真クリックでギャラリーページへ)
フロリダマナティー(Photograph by Sam Farkas, National Geographic Your Shot)

次ページ:確実な方法が1つある

おすすめ関連書籍

Jewels in the night sea 神秘のプランクトン

夜の海にあらわれた、美しい浮遊生物。眼には見えないきわめて小さな姿をカメラで覗いてみれば、姿も、色も、生態も、うっとりするほどの世界。28年間、海の神秘を撮る男の渾身の写真集です。

定価:2,970円(税込)