恐竜時代の赤ちゃんヘビ新種、琥珀から初の発見

すぐれた保存状態、ゴンドワナ大陸のヘビに似ていた

2018.07.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
琥珀に閉じ込められた赤ちゃんヘビ。新種として記載され、Xiaophis myanmarensisと命名された。(PHOTOGRAPH COURTESY MING BAI, CHINESE ACADEMY OF SCIENCES (CAS))
[画像のクリックで拡大表示]

 ミャンマー北部で採集された琥珀の中から、9900万年前の赤ちゃんヘビの化石が発見された。琥珀の中に生物が見つかるのは珍しくないが、ヘビの赤ちゃんは初めてで、驚くほど保存状態がよい。9900万年前という化石の古さも、琥珀に覆われたヘビとしては、今のところ最古となる。古生物学者らが7月18日、これらの成果を学術誌「Science Advances」で明らかにした。(参考記事:「9900万年前のカエル化石発見、熱帯雨林産で最古」

 論文の著者らは、新種のヘビをXiaophis myanmarensisと命名した。ナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーで、研究を主導した中国地質大学のリダ・シン氏によれば、パイプヘビやサンビームスネークなど、東南アジアで見られる現生のヘビのグループと近縁である可能性が高いという。

「化石化した赤ちゃんのヘビは、どんな種類であれ誰も見たことがありません。そして、1億年近く前という年代の物が得られるのは本当にすごいことです」。カナダ、エドモントンにあるアルバータ大学の化石爬虫類専門家で、共著者のマイケル・コールドウェル氏は話す。

「このヘビが卵から孵化したのか、お母さんから直接生まれたのかは、わかりません。しかし、大きさと発達段階からすれば、これは生まれたばかりのヘビです」とコールドウェル氏は付け加えた。

2つ目の琥珀のかけら。太古のヘビの皮膚らしき物が、虫のふんや細かな虫に取り囲まれて入っている。(PHOTOGRAPH COURTESY RYAN MCKELLAR, ROYAL SASKATCHEWAN MUSEUM)
[画像のクリックで拡大表示]

 見つかった琥珀はもう1つあった。中に入っているのはヘビの皮膚とみられ、うろこに明るい色と暗い色のしま模様がある。今回発表されたXiaophisの成体か、あるいは同時代の別種のヘビかもしれない。(参考記事:「恐竜時代のダニ、クモの巣にくるまれた状態で発見」

 研究者たちは、確証は得られないものの、うろこの大きさ、形、並び方からヘビの皮と判断している。確かにそうだと判明すれば、琥珀の中からヘビの皮が見つかった初めての例になるだろう。

「この生物のうろこは、ヘビやトカゲをイメージさせるような斜めの並び方になっています。特にこの標本の場合、よりヘビらしく見える理由の1つがうろこのひし形です」とコールドウェル氏。「ほとんどのトカゲでは、こんなふうにひし形が重なったうろこは見られません」

次ページ:X線で3Dモデルを作成し、正体を解明

ヘビの皮を拡大すると、うろこや色素形成が見て取れる。(PHOTOGRAPH COURTESY RYAN MCKELLAR, ROYAL SASKATCHEWAN MUSEUM)
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ関連書籍

羽毛恐竜と巨大昆虫

7つの謎で解き明かす太古の世界

最新研究にもとづき、昆虫、恐竜、哺乳類が生きた時代を、生息環境を含め迫力ある精細なCGで見せる。7つのテーマで、古生代後半から中生代の古生物に迫る。

定価:本体2,800円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加