ワオキツネザル、弱さを嗅ぎつけ相手に付け入る

体臭が交尾相手やなわばり争いの判断基準に

2018.07.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オスのワオキツネザルがけがをすると、社会的地位を失いかねないことが判明した。(Photograph by Cyril Ruoso, Minden Pictures/National Geographic Creative)
[画像のクリックで拡大表示]

 ワオキツネザルにハッタリは通用しない。

 人間は顔つきや態度で強がることがあるが、マダガスカルに暮らすこのキツネザルは「体臭」で実際の強さがバレてしまう。しかもその弱みに付け入られ、なわばりさえ奪われかねないことが、新たな研究で判明した。(参考記事:「動物大図鑑:ワオキツネザル」

 彼らはどのようにして、相手の弱さを「嗅ぎつけ」ているのだろうか。

けがをすると体臭が不足する

 ワオキツネザルは、オスメスともに、臭腺から強いにおいのある分泌液を出す。メスの臭腺は陰部付近のみだが、オスはさらに手首や肩のあたりにもある。そして、どの個体もそれぞれ異なるにおいを発する。こうした特有の体臭は、その個体の健康状態について多くを語る。

 米デューク大学キツネザルセンターで10年がかりで行われた研究から、けがをしたワオキツネザルでは体臭が一時的に減少すること、他の個体はこのにおいの不足を嗅ぎ取り、付け入ることができるようになることが判明。研究成果が6月、学術誌「Scientific Reports」に発表された。(参考記事:「弱いオスほどよくしゃべる、ワオキツネザルで判明」

 ワオキツネザルは、メスが率いる群れで暮らす。「オスもメスも、攻撃的な行動やにおい付け行動を利用して自分の社会的地位を保っています」と、論文の筆頭著者であるデューク大学の生態学者レイチェル・ハリス氏は言う。

 ワオキツネザル社会では、けんかが多い。

「ワオキツネザルの群れで優位なのはメスです。メスも攻撃的です」と語るのは、デューク大学の進化人類学者、クリスティーン・ドレア氏。オス同士、メス同士が支配をめぐって争うほか、メスは大した理由もなくオスにもけんかを仕掛けるという。そのためこのキツネザルは、野生でも飼育下でも、争いや事故によるけがが絶えない。(参考記事:「人類は暴力とともに進化、ただし現代は例外的」

【動画】かわいいキツネザルの赤ちゃん、育てて種を守る
キツネザルの赤ちゃんは、生まれて数カ月はお母さんとべったり。キツネザルたちは絶滅の危機に瀕している。この動画に登場するのは、マダガスカル国外で最も多くのキツネザルを擁する、米デューク大学キツネザルセンターで飼育され研究されている個体たちだ。(解説は英語です)

 研究では、主に争いでけがをした23個体の陰部の臭腺からの分泌液を分析。けがをする前、けがをしている間、そして治癒後の状態を比較した。

 けがをしている個体では、「個体を特徴付けるにおいが消えてしまっていました」とドレア氏は言う。けがをした個体は、においを最大10%失っていた。全体的に体臭が弱まるとともに、体臭を構成する何百という化合物のうちの一部がまるごとなくなっていた。(参考記事:「寄生虫もつ仲間を糞のにおいで選別、マンドリル」

 そしてワオキツネザルの世界では、体臭が欠けると、社会生活が著しく困難になりかねない。

次ページ:体臭欠如の代償

おすすめ関連書籍

動物の心

知性 感情 言葉 社会

動物たちの心の世界を探求した最近の研究成果を、わかりやすく解説。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加