絶滅が危惧されるコアラ。豪クイーンズランド州にある動物病院でユーカリの葉を食べているところ。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像をタップでギャラリー表示]

 コアラは実に変わった動物だ。食べものの選り好みが激しく、毒があるせいで普通は食べられないユーカリの葉の、ごく限られた種類だけを食べて生きている。ほとんど一日中眠っている。赤ちゃんは母親のうんちを食べる。ほかの動物たちにはさほど悪影響を与えない病気で命を落としてしまう。(参考記事:「動物大図鑑:コアラ」

 そのコアラのゲノムが、オーストラリア博物館の保全遺伝学者、レベッカ・ジョンソン氏率いる研究チームによって解読され、7月2日付けの学術誌「Nature Genetics」に発表された。これにより、コアラがユーカリの葉だけでどのように生き延びているのか、なかでも毒が少ない葉をどのように選り分けているのか、クラミジアのような一部の病気に対し、なぜあれほど耐性がないのかといった謎の解明につながるヒントが見つかりつつある。

 オーストラリアの大半の地域において、コアラの数は過去数十年間で激減している。原因は、開発のためのユーカリ林の伐採や、恐ろしい病気の蔓延などだ。(参考記事:「コアラを救え!」

世界が団結

 論文の主要筆者であるジョンソン氏のところには以前から、州当局や開発業者から、健康で遺伝的に多様なコアラの個体群をオーストラリア全土で維持するにはどうしたらよいかという問い合わせが繰り返し寄せられていた。

 こうした疑問に答えるのに、コアラのゲノム解読に勝る方法はない。(参考記事:「絶滅フクロオオカミ再生の設計図、全ゲノムを解読」

 そこでジョンソン氏は世界中の専門家を集めたチームを作り、遺伝子のパズルのピースを少しずつ集めていった。「ゲノムの解析には本当に多くの人手が必要なのです」とジョンソン氏は言う。「とは言え、コアラのために働く人を集めるのはそう難しくありません。コアラはとてもかわいいですから」

 コアラはかわいく、そしてとても変わっている。彼らは繊維の多いユーカリの葉を食べるが、そこには毒が含まれており、ほかの動物たちは基本的にこれを食べることができない。一方コアラは、毒をすみやかに排出する能力を進化させたことから、体を害することなくユーカリを日々、大量に食べる。(参考記事:「【動画】水場で水を飲むコアラ、温暖化で増加か」

 ただしユーカリの葉に含まれるカロリーは非常に少ないため、彼らは1日のうち22時間を休憩と睡眠に費やしている。

 ジョンソン氏のチームは、コアラのゲノムのうち、ある解毒酵素の情報をもつ部分が、他の哺乳類(あるいは人間)の2倍あることを発見した。おそらくはるか昔のある時点で、その部分が偶然複製されたと研究者らは考えている。そして倍になった遺伝子のおかげで、コアラの解毒システムがより強力かつ効率的に進化していったのだろう。

「いわゆる共進化のたぐいです」。現在は米マサチューセッツ工科大学の研究者で、かつてコアラの腸内微生物叢がどのようにユーカリを処理しているかを研究していたミリアム・シフマン氏はそう語る。ユーカリは動物に食べられることを避けるために「化学物質の複雑なカクテル」という毒を作り出し、コアラはそのカクテルに対応できる一枚上手の方法を編み出すというわけだ。(参考記事:「今、生物学は大きく変わろうとしている」

【関連ギャラリー】癒やされます、ゆっくりな生きものたち 写真30点(写真クリックでギャラリーページへ)
(Photograph by T. Dingle, National Geographic Your Shot)

次ページ:毒に強い分、薬が効かない

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:本体3,600円+税