両生類を襲うカエルツボカビ、朝鮮半島原産と判明

Bdによって、フランスのピレネー山脈にいたサンバガエルは個体数が激減した。この地域のBdの拡大を研究する英インペリアル・カレッジ・ロンドンの菌類学者、マット・フィッシャー氏は、「カエルたちは生涯最後のジャンプをしますが、拾い上げると、間もなく手の中で力尽きてしまいます」と語る。(PHOTOGRAPH BY MATTHEW FISHER)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー