両生類を襲うカエルツボカビ、朝鮮半島原産と判明

水を介して感染する真菌のカエルツボカビにより、1970年代以降、数百種の両生類が大量死に見舞われている。写真のサンバガエル(学名:Alytes obstetricans)もその1つ。フランスのピレネー山脈で死んだカエルたちを、菌の記録のために研究者が並べた。(PHOTOGRAPH BY MATTHEW FISHER)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー