【動画】通常、オオヤマネコは単独で行動するが、繁殖の季節に2匹のオスが顔を合わせると、騒々しい戦いが始まることがある。(イヤホン推奨、解説は英語です)

 動物の求愛でよく耳にする声といえば、カエルやコオロギ、セミの鳴き声を思い浮かべるかもしれない。しかし、自分のメスを取れらまいとするオスのカナダオオヤマネコほど、騒々しいものはない。(参考記事:「【動画】求愛ダンス踊るクモの新種が7種見つかる」

 カナダのアルバータ州にあるグランドプレーリーを本拠地とする写真家、エイモス・ウィーブ氏は先日、トラックで人里離れた木材伐採用の道を走っていた。写真を撮るために、カリフォルニアスズメフクロウを探していたのだ。その際、この世のものならぬ騒ぎを起こしていた3匹のオオヤマネコに出くわした。(参考記事:「すごいフクロウ14選、人気投票開催!」

「突然、大騒ぎしているオオヤマネコを目にしたのです。2匹が木の上で争っていました」とウィーブ氏は話す。

 ウィーブ氏は、車を停めて深い雪をかき分けつつ、2匹のオオヤマネコが難なく木々の間を飛びまわる様子を動画に収めた。(参考記事:「「幻のヤマネコ」オセロットの巣と赤ちゃんを発見」

「オオヤマネコのこのような行動は、今まで見たことがありませんでした。まるで吸盤で吸い付くかのように、いとも簡単に木に登るのです」

オオヤマネコの三角関係

 これは突発的な騒動のように見えるかもしれない。しかし、野生生物の生態に詳しいカナダ、ブリティッシュコロンビア州ジョン・プリンス演習林のシャノン・クロウリー氏によると、この映像は、オオヤマネコの繁殖行動を垣間見ることができる貴重な場面だという。(参考記事:「ネコが人の口をふさぎ、イヌが人の妊娠を悟る理由」

次ページ:怖いのは声だけ?

おすすめ関連書籍

ひそやかなネコ

小型野生ネコの姿

ヤマネコやマヌルネコ、サーバルといった小型の野生ネコは、驚異的な適応力を発揮して、砂漠や雨林、都市の公園など、さまざまな環境で生きている。ネコたちの実情を、写真家ジョエル・サートレイによる、ポートレートのように美しい写真とともに解説する。

価格:330円(税込)