古代の超巨大噴火、人類はこうして生き延びた

約7万4000年前、スマトラ島のトバ火山が超巨大噴火を起こした。これによってでき直径100キロのカルデラは現在、湖となっている。(PHOTOGRAPH BY ANDIA, UIG VIA GETTY IMAGES)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー