【動画】庭に大穴が! 陥没が相次ぐフロリダ

米国の土地の20%は危険? 陥没が起こる理由は?

2018.02.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】地質学者マシュー・カービィ氏は、セントラル・フロリダ地域で驚くほど多くの陥没穴が開く謎に取り組んでいる。(解説は英語です)

 陥没穴は、地下水が地面の下にある岩盤を溶かしてしまう地域では、よく見られる自然現象だ。層状やドーム状の岩塩、石こう、石灰石などの炭酸塩岩のように水に溶けやすい岩石は、陥没を引き起こす危険性が高い。(参考記事:「【動画】奇怪!「呼吸」する道路を撮影」

 陥没穴が開く事故はフロリダ州では珍しくない。今までにもたびたび起こっており、別荘や住居が地にのみ込まれた。米国の土地の約20%は、陥没穴が開きやすいとされ、テキサス州、アラバマ州、ミズーリ州、ケンタッキー州、テネシー州、ペンシルベニア州の地質は、この現象を引き起こしやすい。(参考記事:「【動画】シベリアにできた巨大な穴、止まらぬ拡大」

湖水の流出も関係?

 フロリダ州マリオン郡保安官事務所のポール・ブルーム氏によると、陥没穴が開き、地面がのみ込まれてしまった後、近所のゴルフ場にある湖の水が「かなり速いペースで」減少し始めたという。この湖は人工の湖だが、水の流失と周辺の陥没穴は関係しているとみられる。

 米CBSによると、ゴルフ場の職員は状況を改善するために、湖の排水処置を急いでいる。(参考記事:「【動画】湖の巨大「ダム穴」、まるで地獄の入口」

文=Elaina Zachos/訳=潮裕子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加