危険すぎ? 退屈? 冬季五輪の「幻の競技」3選

かつては存在した「公開競技」、正式採用に至らなかった理由

2018.02.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スキーバレエ

スキーバレエは1992年に公開競技として実施されたのを最後にオリンピックから姿を消した。(Photograph by Chris Cole, Allsport, Getty Images)
[画像のクリックで拡大表示]

 スキーバレエ(バレエスキーとも)は文字通り、スキーを使って雪の上でやるフィギュアスケートみたいなものだ。ジャンプやスピンはもちろん、ストックを支えにして宙返りもする。スキーバレエは、1988年にカナダで行われたカルガリーオリンピックと、1992年にフランスで行われたアルベールビルオリンピックで公開競技として実施された。しかし、この2回だけで終わり、正式競技には採用されなかった。(参考記事:「熱気球、消えた五輪種目」

 スキーバレエのような競技は「オリンピックにとってのメリットを、根拠を示して説明することが難しいのです」とグリーンハム氏は話す。「北米の状況を考えると、確かに盛んだとはいえません。ルールが非常に難しく、一般的なスポーツファンにはわかりにくいものです」

オリンピック史の専門家によると、スキーバレエは多くの人にとって「マイナー」競技であり、ほとんど注目されなかった。(Photograph by Chris Cole, Allsport, Getty Images)
[画像のクリックで拡大表示]

 国際オリンピック史学会の会長で、『冬季オリンピック大全(The Complete Book of the Winter Olympics)』の著者デイビッド・ワルチンスキー氏は、スキーバレエの評判について、もう少し率直に話す。「公開競技が行われたとき誰も注目しなかったのです」(参考記事:「古代オリンピックの驚くべき姿」

次ページ:悲劇の死亡事故

おすすめ関連書籍

旗の大図鑑

国旗から信号旗・レース旗・海賊旗まで

国旗、域旗、信号旗、レース旗、社会運動の旗、海賊旗、国際機関の旗……。 古今東西の多様な旗の世界を逍遥する、愉しみに満ちた一冊。

定価:3,410円(税込)

おすすめ関連書籍

世界の「こんにちは」

世界の115の言葉で挨拶できる! この世界には、楽しい文字や音が

定価:1,980円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加