太古の新種巨大ペンギンを発見、100kg超、最古級

巨大ペンギン「クミマヌ・ビケアエ」と、その他のペンギンの骨を比較した写真。上の列が上腕骨で、下が烏口骨。それぞれ左から今回の巨大ペンギン「クミマヌ・ビケアエ」、過去最大級の古代ペンギンだったジャイアントペンギン(Pachydyptes ponderosus)、そして現生のコウテイペンギン(Aptenodytes forsteri)。(COURTESY SENCKENBER)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー