16世紀の世界地図、総数60枚がデジタル地球儀に

海を跳ね回る人魚、ゾウを捕まえて飛ぶ鳥など、珍獣も多数

2017.12.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

革新的な地図

 地図を製作したウルバーノ・モンテは、ほとんど知られていない人物だ。イタリアのミラノ出身で、広い人脈を持った裕福な家庭で育ったという。教養の高い当時の紳士たちの多くがそうだったように、地理学に特別な関心を抱いていた。時はまさに、心躍る大航海時代。地図製作の歴史研究者で、モンテの地図に関する論文を発表したキャサリン・パーカー氏によると、「世界は日に日に拡大していました。モンテも、それをすべて理解したいと思ったのです」という。

 モンテは、当時にしてはかなり地理に精通していたようだ。有名な地図製作者のゲラルドゥス・メルカトルやアブラハム・オルテリウスといった先達の業績を基に、当時の最新情報も書き加えた。その一つに、ポルトガル人航海者フェルディナンド・マゼランが1520年に南米大陸南端沖で発見したフエゴ諸島がある。(参考記事:「嘘の国を売った史上最悪の詐欺師、270人が死の入植」

【ギャラリー】16世紀、ウルバーノ・モンテの世界地図 写真13点
地図は60枚に分割されている。これは、ヨーロッパ北部の地図。(PHOTOGRAPHS COURTESY OF DAVID RUMSEY MAP COLLECTION)

 上流社会とのつながりがあったモンテは、日本からヨーロッパへの初の公式使節団である天正遣欧使節と、1585年にミラノで面会した。同時代に西洋で製作されたほかの地図にはほとんど書かれていない日本の地名がモンテの地図に数多く含まれているのは、恐らくこのためだろう。(参考記事:「米国で見つかった日本の軍事機密「地図」14点」

 またこの時代の地図によく見られる傾向だが、モンテも地図の空白部分に絵を描き入れた。陸には動物たちが闊歩し、海には船や怪物が行き交っていた。スペイン国王フェリペ2世は、海に浮かべた玉座のようなものに座って、南米沖の海を航海している。海洋覇権国だったスペインに敬意を払ったものだろうか。

 モンテの地図に特徴的なのは、球体の地球を平面地図に投影する手法である。地図は円形で、北極点を中心に経線が放射状に広がっている。現代では方位図法と呼ばれる投影法だが、当時としては極めて珍しかった。20世紀に入って航空機が登場し、2つの地点を結ぶ最短ルートの北極圏上空を飛行機が盛んに行き交うようになるまでは、一般的ではなかったものだ。(参考記事:「航空路線図でたどる空の旅、古き良き時代の冒険」

次ページ:つなぎ合わせて「地球儀」に(動画あり)

おすすめ関連書籍

世界をまどわせた地図

伝説と誤解が生んだ冒険の物語

130点を超える美しい古地図と貴重な図版・写真とともに、人々を翻弄した幻の世界を読み解いていきます。

定価:本体2,700円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加