ネアンデルタール人のゲノム解読、我々の病に影響

統合失調症や悪玉コレステロールとの関連も、クロアチアの化石の全ゲノムを解析

2017.10.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】ネアンデルタール人とは?
ネアンデルタール人は、どんな人たちだったのだろう?ホモ・サピエンスとネアンデルタール人に共通のDNAがあるというのは本当なのだろうか?ネアンデルタール人をめぐる事実や、彼らの特徴や使った道具、人類進化の物語における位置づけについて解説する。(解説は英語です)

シベリアの化石よりも現代人に近い

 今回の研究に用いられたDNAは、化石骨が発見された洞窟にちなんで「ヴィンディア33.19」と呼ばれるネアンデルタール人女性のものだ。

 ほかにも5人以上のネアンデルタール人についてゲノム断片の塩基配列が決定されているが、ヴィンディア33.19の化石骨には、ゲノム全体を詳細に分析できるだけのDNAが保存されていた。

 プリューファー氏らは、ヴィンディア33.19が両親から受け継いだ2セットの遺伝子を区別することができた。過去にここまで詳細な分析ができたサンプルは1つしかなく、シベリアで発見された、いわゆる「アルタイ・ネアンデルタール人」の12万2000年前のDNAだけである。

 今回の研究によりネアンデルタール人の詳細な遺伝情報の量がほぼ2倍になったことで、研究者たちは、ネアンデルタール人のDNAが現代人にどれだけ残っているか、それらが厳密にどこから来ているかの解明に着手することができた。

 プリューファー氏によると、私たちの祖先と交雑したネアンデルタール人は、ヨーロッパから来たヴィンディア・ネアンデルタール人とより近い関係にあるようだ。「世界中どこで調べても同じです。アジア人でさえ、地理的に近いアルタイ・ネアンデルタール人よりもヴィンディア・ネアンデルタール人と近い関係にあるのです」

髪や目の色、睡眠パターンの影響も

 人類遺伝学の専門誌『American Journal of Human Genetics』に発表された別の研究では、マックス・プランク進化人類学研究所のミハイル・ダンネマン氏とジャネット・ケルソー氏が、同僚のプリューファー氏とは少し異なる観点からネアンデルタール人のDNAを調べている。プリューファー氏が疾患関連遺伝子を調べたのに対して、彼らは、現代人の外見や行動がネアンデルタール人の遺伝子によってどこまで説明できるかを調べた。

 ダンネマン氏とケルソー氏は、アルタイ・ネアンデルタール人の遺伝子を、ヒト試料を保管する英UKバイオバンクにデータを登録した北ヨーロッパ出身の11万2000人の遺伝子データや生理学データと比較した。ちなみに、生理学データの比較は今回が初めてだ。

 研究チームは、アルタイ・ネアンデルタール人ゲノムの15の領域が、UKバイオバンクにデータを登録した人々のゲノムの一部としばしば重なっていることに気づいた。これらの遺伝子は、髪や目の色、日焼けのしやすさ、睡眠パターン、朝型か夜型かなどを決定している。

 繰り返しになるが、この遺伝子を持っているから必ずこうなるという話ではなく、ネアンデルタール人の遺伝子が、ホモ・サピエンスの遺伝子と同じくらい影響を及ぼしている可能性があるというだけだ。しかし、ネアンデルタール人の遺伝子が私たちのゲノムに深く根をはっているのは興味深い。

 ダンネマン氏は、今回のヴィンディア・ネアンデルタール人のゲノムと50万人分まで増えたUKバイオバンクのデータを使って同じ研究を行い、隠れた関連をもっと明らかにしていきたいと考えている。(参考記事:「4代前にネアンデルタール人の親、初期人類で判明」

なぜ今も私たちの体に遺伝子が残っているのか

 ナショナル ジオグラフィック協会のジェノグラフィック・プロジェクト(人類の遺伝プロジェクト)を率いるミゲル・ヴィラ氏は、ヴィンディア洞窟の化石骨のおかげで、ネアンデルタール人の歴史だけでなく、彼らの祖先が私たちホモ・サピエンスに及ぼしている影響についての理解も大きく進むだろうと考えている。

 同氏によると、特定の形質をピンポイントで探れるようになったことで、私たちの知識は大きく前進した。今回の研究は、ネアンデルタール人の遺伝子が、4万~5万年もの間、私たちのゲノムにとどまっている理由の解明に向けた一歩でもある。

「ネアンデルタール人とホモ・サピエンスの間で交雑があったことは、10年ほど前からわかってきました。私たちはようやく、ネアンデルタール人の遺伝子が今日まで残っている理由の核心に迫れるようになったのです」とヴィラ氏は言う。「これらの形質が人類の進化にとって重要であった理由を説明できれば、より重大な真実をつかむことができるでしょう」(参考記事:「ネアンデルタール人、現生人類と交配」

文=Michelle Z. Donahue/訳=三枝小夜子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加