奇妙な新種カエルを発見、ブタ鼻で地中暮らし

新発見のブパティ・インドハナガエルは、成体になってからほとんどの期間を地中で過ごす。一方、オタマジャクシは滝の裏側で岩に吸い付いて4カ月間生きる。(PHOTOGRAPH BY JEGATH JANANI)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー