火星では夜に激しい雪が降る、研究成果

北極上空で強い対流、火星の水循環に新たな手がかり

2017.08.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NASAの探査機バイキングが撮影した画像から作った火星のモザイク画像。(PHOTOGRAPH BY NASA)
NASAの探査機バイキングが撮影した画像から作った火星のモザイク画像。(PHOTOGRAPH BY NASA)
[画像のクリックで拡大表示]

 火星の北極では、夏の夜に吹雪が発生するという研究成果が、学術誌『Nature Geoscience』に発表された。

 火星の大気の中では、従来考えられてきたよりも激しい対流が起こり、嵐のような天候を作り出しているという。新たなコンピューター・シミュレーションによって明らかになった。

 今回の成果は計算上のものだが、降雪があるというのは2008年に火星に着陸した探査機による観測結果と一致する。また、火星の南極では二酸化炭素の雪(ドライアイス)が降ることがわかっているが、その仕組みを解明する手がかりになるかもしれない。

 発表された論文によると、火星の夏の雪は数時間にわたり、猛烈な勢いで降る可能性があるという。高い高度にある雲から落ちてくるのは、水が凍った氷粒。なかには地面に到達しないものもあるが、おそらくその一部は地面に降り積もり、朝まで残っているとみられる。

「雪だるまを作れるほどの量ではないでしょう」と語るのは、論文の共著者で、フランス国立科学研究センターの惑星科学者アイメリク・スピーガ氏だ。それでもこの雪は、火星の水循環において大きな役割を果たしていると考えられる。

「降雪も激しい下降気流も、どれもが斬新で、非常にすばらしい発見です」と、NASAエイムズ研究センターのジョン・ウィルソン氏は言う。「この現象はおそらく実際の火星でも起きているでしょう。また惑星の水がどのように分配されるのかという点でも、影響力のある成果です」(参考記事:「火星移住 人類の挑戦」

ドライアイスの嵐

 火星で雪が降るというのは、以前から言われてきたことだ。なにより我々は、火星には雲があり、また地下に氷があることを知っている。

 2008年に火星の北極付近に着陸したNASAの探査機フェニックスは、地球の「尾流雲」に非常によく似た雲を上空に発見している。尾流雲は、雲から大量の雲粒が落下するときに見られる現象のため、フェニックスが見たのは高高度で起こっている水氷の嵐だと、研究者らは推定した。

 2012年には、NASAの探査機マーズ・リコネッサンス・オービターが、火星の南極上空で二酸化炭素の雪を降らせる雲を確認したと発表した。(参考記事:「火星の南極にドライアイスの降雪を確認」

 太陽系でこうしたドライアイスの雪が降るのが観測されたのはこのときだけだ。北極のうっすらとした尾流雲とは異なり、この雪は地面に到達しているのみならず、二酸化炭素の氷冠の形成に大きく貢献していると、NASAジェット推進研究所のポール・ヘイン氏は言う。(参考記事:「火星に降る雪は“ドライアイスの霧”?」

次ページ:北極上空で何が起きている?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加