晩夏の火星の南半球、太陽の高度が低く、微妙な地勢が軌道画像により強調されている。マーズ・リコネサンス・オービターが撮影。(PHOTOGRAPH BY NASA)
晩夏の火星の南半球、太陽の高度が低く、微妙な地勢が軌道画像により強調されている。マーズ・リコネサンス・オービターが撮影。(PHOTOGRAPH BY NASA)
[画像をタップでギャラリー表示]
キュリオシティがこの写真の中央のすぐ下の地点で、ぴかぴかした小さい物体を発見した。着陸時に落とした破片と思われる。(PHOTOGRAPH BY NASA)
キュリオシティがこの写真の中央のすぐ下の地点で、ぴかぴかした小さい物体を発見した。着陸時に落とした破片と思われる。(PHOTOGRAPH BY NASA)
[画像をタップでギャラリー表示]
バグノルド砂丘の一部であるハイ砂丘。これほど間近から調査された火星の砂丘は初めて。この砂丘は1年で約1メートルずつ移動する。(PHOTOGRAPH BY NASA)
バグノルド砂丘の一部であるハイ砂丘。これほど間近から調査された火星の砂丘は初めて。この砂丘は1年で約1メートルずつ移動する。(PHOTOGRAPH BY NASA)
[画像をタップでギャラリー表示]
晩春に、アマゾニス平原を吹く塵旋風が、火星の地表にヘビのように走る影を落としている。(PHOTOGRAPH BY NASA)
晩春に、アマゾニス平原を吹く塵旋風が、火星の地表にヘビのように走る影を落としている。(PHOTOGRAPH BY NASA)
[画像をタップでギャラリー表示]
火星の砂丘に多く見られる「ガリー」は、窪地と水路、扇状地でできている。(PHOTOGRAPH BY NASA)
火星の砂丘に多く見られる「ガリー」は、窪地と水路、扇状地でできている。(PHOTOGRAPH BY NASA)
[画像をタップでギャラリー表示]
NASAは今後、2018年と2020年に、火星探査機を打ち上げる予定だ。(PHOTOGRAPH BY NASA)
NASAは今後、2018年と2020年に、火星探査機を打ち上げる予定だ。(PHOTOGRAPH BY NASA)
[画像をタップでギャラリー表示]

おすすめ関連書籍

2021年3月号

魅惑の火星を探る/私は死刑囚だった/1本の線と国境紛争/消えるドッグレース

NASAの新しい探査車が火星への着陸に成功しました! 中国やUAEの探査機も相次ぎ火星へ到着し、これから火星の探査が加速しそうです。3月号の特集は「魅惑の火星を探る」。最新探査車の詳細なグラフィックほか火星の今がわかる30ページの大特集です。このほか「私は死刑囚だった」「消えるドッグレース」などの特集を掲載。特製付録は太陽系マップです!

特別定価:1,280円(税込)

文=Hannah Lang/訳=潮裕子