「HiRISE(ハイライズ)」と呼ばれる高解像度カメラが撮影したラッセル・クレーターの砂丘。この場所が注目されるのは、驚くほど美しいためというだけではない。秋になると水氷が堆積し、春になると消えてしまう様子を毎年観察できるからだ。(PHOTOGRAPH BY NASA)
「HiRISE(ハイライズ)」と呼ばれる高解像度カメラが撮影したラッセル・クレーターの砂丘。この場所が注目されるのは、驚くほど美しいためというだけではない。秋になると水氷が堆積し、春になると消えてしまう様子を毎年観察できるからだ。(PHOTOGRAPH BY NASA)
[画像をタップでギャラリー表示]
写真に見られる穴は、衝突によってできたクレーターではない。激しく衝突した際に生み出される熱により、急速に熱せられると爆発する揮発性の物質が噴出した結果、この堀は形成された。(PHOTOGRAPH BY HIRISE, JPL, NASA)
写真に見られる穴は、衝突によってできたクレーターではない。激しく衝突した際に生み出される熱により、急速に熱せられると爆発する揮発性の物質が噴出した結果、この堀は形成された。(PHOTOGRAPH BY HIRISE, JPL, NASA)
[画像をタップでギャラリー表示]
探査車キュリオシティが撮影した360度パノラマ写真。(PHOTOGRAPH BY JPL, NASA)
探査車キュリオシティが撮影した360度パノラマ写真。(PHOTOGRAPH BY JPL, NASA)
[画像をタップでギャラリー表示]
RSL(繰り返し現れる斜面の筋模様)と呼ばれるこの筋は、暖かい季節になると斜面に現れる。この現象はマリネリス峡谷中央部と東部では頻繁に起こる。(PHOTOGRAPH BY JPL, NASA)
RSL(繰り返し現れる斜面の筋模様)と呼ばれるこの筋は、暖かい季節になると斜面に現れる。この現象はマリネリス峡谷中央部と東部では頻繁に起こる。(PHOTOGRAPH BY JPL, NASA)
[画像をタップでギャラリー表示]
メリディアニ平原にあるビクトリア・クレーター。外縁に見られる「ホタテ貝」状の特異な形は浸食によるもので、クレーターの壁面は真下にえぐり取られている。(PHOTOGRAPH BY HIRISE, NASA)
メリディアニ平原にあるビクトリア・クレーター。外縁に見られる「ホタテ貝」状の特異な形は浸食によるもので、クレーターの壁面は真下にえぐり取られている。(PHOTOGRAPH BY HIRISE, NASA)
[画像をタップでギャラリー表示]
探査機のソーラーパネルに埃が蓄積すると、動力が供給されないために活動が限られる。そのため、冬が終わるのを待つか、風でパネルの塵が除去されるのを待たなければならない。(PHOTOGRAPH BY NASA)
探査機のソーラーパネルに埃が蓄積すると、動力が供給されないために活動が限られる。そのため、冬が終わるのを待つか、風でパネルの塵が除去されるのを待たなければならない。(PHOTOGRAPH BY NASA)
[画像をタップでギャラリー表示]
探査機キュリオシティがとらえたゲール・クレーター内のバグノルド砂丘。2015年9月25日撮影。(PHOTOGRAPH BY NASA)
探査機キュリオシティがとらえたゲール・クレーター内のバグノルド砂丘。2015年9月25日撮影。(PHOTOGRAPH BY NASA)
[画像をタップでギャラリー表示]
コヴァルスカイの衝突盆地で、岩盤が一部露出している。(PHOTOGRAPH BY HIRISE, JPL, NASA)
コヴァルスカイの衝突盆地で、岩盤が一部露出している。(PHOTOGRAPH BY HIRISE, JPL, NASA)
[画像をタップでギャラリー表示]
この驚異的な、新しい衝突クレーターの直径は、約30メートル。大きく放射状に爆発の痕跡がひろがる。(PHOTOGRAPH BY NASA)
この驚異的な、新しい衝突クレーターの直径は、約30メートル。大きく放射状に爆発の痕跡がひろがる。(PHOTOGRAPH BY NASA)
[画像をタップでギャラリー表示]
北極にある塵状の氷の堆積層は、厚さ3キロ、直径約1000キロに及ぶ。(PHOTOGRAPH BY NASA)
北極にある塵状の氷の堆積層は、厚さ3キロ、直径約1000キロに及ぶ。(PHOTOGRAPH BY NASA)
[画像をタップでギャラリー表示]

次ページ:まだまだ! 「ガリー」と呼ばれる斜面の絶景など

おすすめ関連書籍

2021年3月号

魅惑の火星を探る/私は死刑囚だった/1本の線と国境紛争/消えるドッグレース

NASAの新しい探査車が火星への着陸に成功しました! 中国やUAEの探査機も相次ぎ火星へ到着し、これから火星の探査が加速しそうです。3月号の特集は「魅惑の火星を探る」。最新探査車の詳細なグラフィックほか火星の今がわかる30ページの大特集です。このほか「私は死刑囚だった」「消えるドッグレース」などの特集を掲載。特製付録は太陽系マップです!

特別定価:1,280円(税込)