重力レンズ使った星の重さ測定に成功、ハッブル

ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した「アインシュタイン・リング」の写真。アインシュタインの一般相対性理論では、遠方の銀河からの光は、手前にある別の銀河の重力によって曲げられ、拡大されることにより輪のように見えると予想される。このほどハッブル宇宙望遠鏡は、提唱者のアインシュタイン自身が実現の可能性はないと言っていた手法により、恒星からの光が、手前にある別の恒星の重力によって曲げられたものを観測することに成功した。(PHOTOGRAPH BY NASA, ESA)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー