【閲覧注意】母親の背中から生まれるカエルの子ども 皮膚の中に子どもがいる。コモリガエルの母親の背中の穴から、たくさんの子カエルが生まれる。(説明は英語です)

 人間は赤ちゃんをおんぶする。ただ、生まれる前におんぶすることはない。

 だが、コオイムシという昆虫は違う。コオイムシはたくさんの卵を背中に乗せて運ぶ。米ロサンゼルス自然史博物館を訪れたとき、この虫のことを知って興味をもった。そこで、背中で子どもを運ぶ生きものたちを集めてみた。

卵を背負うコオイムシ

 コオイムシの世界では、卵が孵化するまで持ち運ぶのはオスの仕事だ。コオイムシは何度も、場合によっては100回近く交尾をしたあと、メスが生殖器官にある腺から分泌される物質を使ってオスの背中に卵を産みつける。昆虫学を専門とする博物館の学芸員、ブライアン・ブラウン氏によれば、同じ物質を使って植物に卵を産みつける水生昆虫もいるという。

 卵が孵化すると、親と同じような形をした幼生が生まれる。その時点で、幼生は逃げる準備を万端に整えている。そのほうがいい、とブラウン氏。

「父親がコオイムシなら、誰だって逃げ出したいと思いますよ。コオイムシはとても獰猛な虫なのです」

 コオイムシは、英語で「足を噛む虫(トウ・バイター)」とも呼ばれる。噛まれるととても痛い思いをすることになる。

皮膚の下で子育てをするカエル

 子どもが皮膚の中に隠れていることもある。ツノフクロアマガエルなど、南米や中米に暮らすフクロアマガエル属(Gastrotheca)は、卵を母親の背中の皮膚の下にある袋に入れている。

 米カンザス大学の名誉教授で、フクロアマガエルについての著書もある両生類学者ウィリアム・デュエルマン氏によると、このカエルはメスが総排出腔から産卵すると、オスが後足を使ってメスの背中にある袋に卵を押し込むと話す。袋の中にある組織は、卵と母体とのあいだで空気や栄養を交換できる仕組みになっているそうだ。(参考記事:「“毎日がハロウィン”なへんな生きもの、写真5点」

モウドクフキヤガエル(学名:Phyllobates terribilis)の背中に貼りついているオタマジャクシ。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)
[画像をタップでギャラリー表示]

 ツノアマガエル属(Hemiphractus)の一種は、皮膚の上に直接卵を産みつける。デュエルマン氏によれば、卵を運ばないカエルの場合、数個しか孵化しないこともあるという。それと比べれば、この方法は「少なくとも子どもを確実に孵化させることができる子育て術」なのだ。

 ヤドクガエルの中には、父親がタクシー代わりになるものもいる。ロサンゼルス自然史博物館の両生類学者、グレッグ・ポーリー氏は、オスが生まれたばかりのオタマジャクシを背負って水場まで運ぶカエルがいるという。オタマジャクシはそこでカエルに成長する。(参考記事:「謎多き新種ヤドクガエル、パナマで発見」

サソリの出産劇

幼生を背中に乗せて運ぶサソリのメス。ケニアにて撮影。(PHOTOGRAPH BY IVAN KUZMIN, ALAMY)
[画像をタップでギャラリー表示]

 サソリとクモをくっつけたようなおぞましい外見を持つウデムシは、実際はクモの仲間だ。このウデムシも子どもを背中に乗せて運ぶ。孵化したウデムシは、安全なメスの背中の上で成長する。(参考記事:「新種のウデムシ:ボルネオ島で発見」

 ウデムシの幼生と同じく、サソリの幼生も体がやわらかい。米国サンフランシスコにあるカリフォルニア科学アカデミーでサソリについて研究しているローレン・エスポジート氏は、「その方が産道を通り抜ける際に都合がいいのでしょう」と話す。

 サソリの幼生が生まれてくるとき、メスは「出産バスケット」と呼ばれる姿勢を作り、産まれてくる幼生を受け止める。幼生は本能的にどうすればよいのかを知っていて、バスケットの中から母親の背中にあがってゆく。これはサソリの仲間にしか見られない行動だ。

文=Liz Langley/訳=鈴木和博