太平洋「死の暖水塊」の原因が明らかに

2015年5月の太平洋海面の異常な高温と、2002年から2012年までの平均温度との差を色で示す地図。赤いほど高温で、最も高いところでは3℃高い。紫に近い海域ほど低温で、最も低いところでは3℃低い。近年の暖水塊は「ブロブ」と呼ばれている。(MAP BY AMERICAN GEOPHYSICAL UNION)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー