「旅する蝶」が激減、入り組んだ人為的影響

米国東部に生息するオオカバマダラの個体群は、4800キロの距離を移動し、数百万匹にもおよぶ集団がメキシコ中部のモミの森で冬を過ごす。(PHOTOGRAPH BY MEDFORD TAYLOR, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

【元の記事へ戻る】