「旅する蝶」が激減、入り組んだ人為的影響

オオカバマダラの翅が大きくなっていることが最新の研究でわかった。気候変動によって繁殖地が北上し、長い距離を移動せざるを得なくなったためかもしれない。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー