【動画】ひなが襲われないようにエジプトガンの親鳥がとった行動は…(解説は英語です)

 南アフリカ共和国のサビサンド動物保護区で、興味深い光景が撮影された。

 干上がりかけた水たまりのそばで、若いヒョウが獲物を探していた。そして4羽の鳥のひなを見つけたかと思うと、危険を察知した親鳥たちが騒ぎ出した。

 この鳥はエジプトガン。親鳥は興奮気味に翼をばたつかせながらヒョウに向かっていったが、すでに2羽のひなの姿が見えなくなっている。すぐそばで、クラハシコウがくちばしをカチカチ鳴らして威嚇する。親の1羽は、怪我をしたかのように翼を引きずり、残された2羽の小さなひなからヒョウの注意をそらそうとしていた。(参考記事:「【動画】卵を盗むヒヒに親鳥が猛反撃」

 この動画を撮影したのは、ナショジオ・ワイルドのテレビ番組「サファリライブ」の撮影クルーだ。ベテランのサファリガイド、トリスタン・ディックス氏は、車の中から一部始終を見守った。「これくらいの大きさのヒョウにしてみたら、エジプトガンのひななどたったの一口でおしまいです。でも、獲物を見つけたらじっとしてはいられません」(参考記事:「【動画】ヒョウとハイエナが仲良く食事?」

【参考ギャラリー】世界の美しい鳥たち 写真30点(クリックでギャラリーページへ)
「プレゼント」(カワセミ) (Photograph By Kalmer Lehepuu, National Geographic Your Shot)

 ナショナル ジオグラフィック協会フェローで、南アフリカにある「ザ・ワイルド・バード基金」の科学ディレクターを務めるスティーブ・ボイス氏は、エジプトガンが怪我を装って敵の注意をそらすことは以前から知られていたが、カメラにとらえられるのは珍しいと語る。

 ボイス氏は、現地調査でしばしば同じような場面に遭遇したことがあるという。「翼が折れてしまったふりをするエジプトガンは、何度も見たことがあります。モコロ(木をくりぬいて作ったカヌー)で近づいた時に見られることが多いです」。ボイス氏によると、エジプトガン以外にも、ひなを危険から守るために同様の行動を見せる鳥は多いという。(参考記事:「【動画】鳥の前でコロンと転がる可愛いマングース」

次ページ:それでもヒョウは去ってくれない…

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 鳥の箱舟【限定バッジ付き】

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

“絶滅危惧の鳥を守る”応援バッジの特典付き!

定価:本体2,600円+税