31年間たった1人で彼が孤島に暮らし続ける理由と幸福とは

モランディ氏は、ネズの倒木を拾い集めて彫刻作品を作る。それを観光客に売って得た収入を、アフリカからチベットまで、様々な国の非政府団体へ寄付している。島のごくわずかな土地の中だけで生活しているが、モランディ氏は世界の広さをしみじみと感じるという。(Photograph by Michele Ardu)

【元の記事へ戻る】