31年間たった1人で彼が孤島に暮らし続ける理由と幸福とは

新型コロナで隔離生活を強いられる一方、自ら世間を離れる人もいる

2020.04.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イタリア、ブデッリ島に31年間たったひとりで住み続けるマウロ・モランディ氏。隠とん生活について「刑務所にいるようなものです。でも、自分で選んだ刑務所です」と語った。(Photograph by Michele Ardu)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型コロナウイルスが拡大を続けるなか、世界で何十億人という人々が隔離した生活を強いられている。その一方で、30年以上も自らすすんで世間から離れて暮らす人物がいる。

 1989年、イタリア半島の西方、地中海に浮かぶサルデーニャ島とコルシカ島の間で船のエンジンが故障し、錨が切れて漂流していたモランディ氏の双胴船は、容赦のない潮の力に捕らえられ、ブデッリ島に流れ着いた。そこで出会った島の管理人が2日後に引退すると聞くと、既に社会に幻滅しきっていたモランディ氏は、船を売って管理人の仕事を受け継いだ。

 それ以来31年間、たったひとりでこの島に住み続けている。

「私がこの島で最も愛するものは、静けさです。冬の間、嵐もなく、周囲に誰もいない静けさ。そして、夏の夕暮れ時の静けさもまた好きです」とモランディ氏。(Photograph by Michele Ardu)

「ここで死に、遺灰は風にまいてもらいたい」

 マッダレーナ諸島国立公園は7つの島からなり、ブデッリ島はその中でも最も美しい島と言われている。イタリア語で「ピンク色のビーチ」を意味する、スピアッジャ・ローザと呼ばれる世にも珍しいバラ色の砂浜があるからだ。色の正体はサンゴや貝殻の微細な破片で、激しい波にもまれ、長い時間をかけて細かく砕かれたものだ。

 1990年代初め、イタリア政府はスピアッジャ・ローザを「高い自然的価値」のある地域に指定した。ビーチは、そのデリケートな生態系を保護するために立ち入り禁止となり、訪問者はごく一部の限られた場所しか入ることが出来なくなった。それ以来、1日数千人の観光客が訪れていたこの島から、あっという間に人の姿が消えた。

 2016年、島の所有権をめぐるニュージーランドの実業家とイタリア政府の3年間に及ぶ法廷闘争の末、裁判所はブデッリ島がマッダレーナ諸島国立公園に属すると判決を下した。同じ年、公園がモランディ氏の島での居住権を問題にすると、反発の声が上がった。モランディ氏への立ち退き命令に反対する1万8000人以上の署名が集まり、その結果、地元の政治家は彼の立ち退きを無期限で延期せざるを得なくなった。

「私は決して島を離れません」と、81歳のモランディ氏は語る。「ここで死に、荼毘に付され、遺灰は風にまいてもらいたいと願っています」。彼は、全ての命は最終的には地球と一体となる運命にあり、私たちは皆同じエネルギーの一部なのだと信じている。古代ギリシャのストア派哲学は、これを共感(シュンパテイア)と呼ぶ。宇宙は分けることのできない一体化した有機生命体で、永遠に流動を続けるという概念だ。

スピアッジャ・ローザ(ピンク・ビーチ)の砂の色は、波にもまれて細かく砕かれたサンゴや貝殻によるもの。(Photograph by Michele Ardu)
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ:真の孤独が創造性を育む

おすすめ関連書籍

地の果てのありえない物語

地球最後の秘境45のエピソード

地球をあなどるな!今、世界の果てで起きている人間と大自然の驚きの出来事45話。

定価:本体2,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加