先住民と入植者の協力示す壁画を発見、カリブの島

モナ島に数多く点在する洞窟から見つかった壁画は、スペインによる植民地時代初期のもの。石灰岩の壁面にカルバリ山の3本の十字架が描かれ、その下にイエスの名がラテン語で刻まれている。(PHOTOGRAPH BY JAGO COOPER)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー