奇跡のサメ写真撮影秘話、数々の偽写真のネタにも

「本物の写真にしてはすごすぎる」1枚はこうして生まれた

2018.07.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「すると、1匹のサメが大胆にもカヤックの後ろに現れました。フィルムは、あと5~6枚しか残っていませんでした。サメの背びれが海面に突き出たところで、カヤックに乗っていたスノー氏が後ろを振り返りました。その瞬間、カメラのシャッターを切りました」(参考記事:「【動画】はしゃいだオットセイがカヤックに衝突」

「科学者がサメを追うのではなく、サメが科学者を追う。そちらの方がずっと面白味があります。最高の写真というのは、予定していなかったときにやってくるものです」(参考記事:「激写!海の狂騒に鳥もイルカも グランプリ作品撮影秘話」

拡散されたサメ

 写真は、南アフリカの地元新聞と雑誌に掲載されると、すぐに大きな反響を呼んだ。

「最初の24時間で、私のウェブサイトに10万件の訪問がありました。2003年当時としては、大反響と言っていいでしょう。でもまさか、偽の写真と思われるとは考えてもみませんでした」

 ネットでは、写真が本物か偽物かで議論が巻き起こり、影の角度や、サメの両脇にできた波を比較して、コラージュした写真ではないのかと事細かに分析された。

現像されたスライドフィルムには、ペシャック氏の言う「科学者とサメの究極のコラボ」が撮影される瞬間までの様子が収められている。(PHOTOGRAPH BY THOMAS P. PESCHAK)
[画像のクリックで拡大表示]

 注目が集まったおかげで、写真家としてのペシャック氏の名が知れ渡ることになったが、見る人にサメの素晴らしさが伝わるというよりも、当時話題にされることと言ったら、本物の写真にしてはすごすぎるという話ばかりだった。

「しばらくの間は、メディアの取材に応える際、証拠として元のスライドを持ち歩かなければなりませんでした」

 さらに皮肉なことに、それから数年後、同じサメがネット上のあちこちに出没し始めた。2011年、ハリケーン・アイリーンに襲われたプエルトリコの道路に流されてきたり、クウェートのショッピングモールで壊れた水槽からあふれた水の中を泳いでいたり、かといえばハリケーン・ハービーによる洪水で、ヒューストンの住人を震え上がらせた。(参考記事:「ワニに乗ったアライグマ、写真は本物?」

 ヒューストンの偽写真は、ペシャック氏のファンが集うオンラインコミュニティの投稿者が知らせてくれた。ペシャック氏いわく、サメが偽の写真に使われたことがわかると、「私よりもコミュニティメンバーの方が腹を立てる」そうだ。

ギャラリー:息をのむ水中写真 15点(画像クリックでギャラリーページへ)
キューバのジャルダン・デ・ラ・レイナ(女王の庭)諸島で、カメラの近くを泳ぐペレスメジロザメ。(PHOTOGRAPH BY SHANE GROSS, NATIONAL GEOGRAPHIC YOUR SHOT)

文=Alexa Keefe/写真=Thomas P. Peschak/訳=ルーバー荒井ハンナ

おすすめ関連書籍

写真家だけが知っている 動物たちの物語

世界で最も権威のある写真賞の一つ「ワイルドライフ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」の受賞作品のなかから、記憶に残る魅力的な作品を厳選。

定価:本体2,300円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加