薬物陽性のペルー選手、ミイラのおかげでW杯出場

1999年、アルゼンチンの山頂で氷漬けになっていた10代の少女のミイラを発見した人類学者のヨハン・ラインハルト氏。少女は、500年前にインカの神々への生贄にされた。(PHOTOGRAPH BY JOHAN REINHARD, NATIONAL GEOGRAPHIC)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー