絶滅危機のサイを緊急手術、ツイッターきっかけ

南アからの呼びかけに、多国籍救出チームがマレーシアへ急行

2017.04.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プントゥンの命を脅かすほどの顔の腫れを引き起こしていた3本の歯は、無事抜歯された。(PHOTOGRAPH BY SAVING THE SURVIVORS)
[画像のクリックで拡大表示]

緊急ミッションは成功

 多国籍からなる獣医師団は、長旅を経てマレーシアのサバ州にある人里離れた保護区へ到着した。まず、マシュー氏がプントゥンに全身麻酔をかけた。次に、歯のレントゲン写真を撮り、チンカングサダム氏が歯を3本抜いた。

 手術が終わって2時間も経たないうちに、プントゥンはエサを食べ始めた。そして、鳴き声も少しずつ発するようになった。「普通のスマトラサイができて当然のことができるようになったのです」と、グリフィス氏。

 手術が成功したことで、ボルネオサイ同盟とその活動に世間の注目が集まることをウェルツ氏は願っている。人々の関心は、サイよりも人気の高いゾウなどの大型動物に集中しているため、同団体の財政は危機的状況にあるという。「スマトラサイは、これまであまり宣伝されてこなかったのだと思います」と、ウェルツ氏は語った。(参考記事:「「サイを守りたい」小学生の願いが本に」

【動画】元気な姿を取り戻し、嬉しそうにエサを食べるプントゥン。

 プントゥンを助けるために、関係者らは国をまたいで大移動をしたわけだが、ウェルツ氏は全ての手配を南アフリカのケープタウンにある自宅から行っていた。

「地球の反対側にいながら、サイ1頭のために獣医を探して治療を受けさせることができるんです。自宅の机の前に座って、遠く離れた外国で起こっている問題を見つけ出し、助けることができるというのは、うれしいことです」

文= Austa Somvichian-Clausen/訳=ルーバー荒井ハンナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加