ソマリア、干ばつで大量餓死の危機高まる

ウウスグレ国内避難民キャンプの近くで死んだラクダの横を通り過ぎる村の長老。このキャンプには、干ばつを逃れてやってきた316家族が滞在している。(PHOTOGRAPH BY DOMINIC NAHR, CONTACT PRESS IMAGES)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー