ソマリア、干ばつで大量餓死の危機高まる

シャダ国内避難民キャンプの診療所で、2歳の息子アブドゥラーマン・マハムド君を抱くサーロ・モハメド・ムミンさん。アブドゥラーマン君は肺炎、その兄のアブラヒ君は気管支炎と診断された。また、2人とも重度の栄養不良に陥っている。一家は、所有していた家畜が全滅してしまったため、160キロ近く旅してこのキャンプに避難してきた。(PHOTOGRAPH BY DOMINIC NAHR, CONTACT PRESS IMAGES)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー