年間140万頭、豪のカンガルー猟は是か非か

カンガルーの個体数は干ばつの影響を受けやすい。一部の専門家は、そのために数が自然に調整されるので狩猟の必要はないと訴えるが、一方でハンターが射殺して肉や皮を売った方がカンガルーにとって人道的であり、経済的にも有益だという意見もある。(PHOTOGRAPH BY DAVID GRAY, REUTERS)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー